水曜日, 5月 25

タグ: セラミックタイル市場、セラミックタイル市場の発展、セラミックタイル市場の予測、セラミックタイル市場の需要、セラミックタイルの市場規模、セラミックタイル市場の成長

Uncategorized

2019-2029年の間に最大9%のCAGRを目撃するセラミックタイル市場

PMRが発行した世界のセラミックタイル市場に関する最近のレポートは、包括的な洞察と公平な分析を提供します。セラミックタイル市場は2018年に約910億米ドルに達しました。調査レポートによると、セラミックタイル市場は2019年から2029年の予測期間にわたって最大9%のCAGR値で成長すると予想されています。住宅および商業建設活動におけるセラミックタイルの需要の高まり、および建設業界の成長の復活は、予測期間中のセラミックタイル市場の成長を後押しすると予想されます。詳細な調査と分析によると、特に住宅建設部門での建設費の増加、およびメーカー間の環境に優しい製品の生産への傾向は、セラミックタイル市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。さらに、住宅および非住宅建設活動における床および壁用途のセラミックタイルの高い需要は、予測期間を通じて市場の成長を後押しすると予想されます。 競合他社の「先を行く」ために、サンプルをリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/19387 ドライプレス配合技術の高い採用は成長戦略に影響を与え続けていますが、メーカーは建設業界の進化するトレンドを活用するために鋳造技術の採用に焦点を合わせています。世界のセラミックタイルの市場価値は、2019年末までに約970億米ドルと推定され、2029年末までに約2,280億米ドルに達すると予測されています。 アジア太平洋地域が最前線にとどまる 成長する住宅および非住宅建設業界からのセラミックタイルの安定した需要の結果として、アジア太平洋地域は、価値と量の両方の点でセラミックタイル市場の顕著なシェアを保持すると予想されます。アジア太平洋地域は引き続き主導的な地位を維持していますが、北米とヨーロッパのセラミックタイル...