水晶発振器の市場シェア、事業開発による成長2022年から2028年| 宮崎エプソン株式会社、日本電波工業(NDK)、TXC株式会社、京セラクリスタルデバイス(KCD)株式会社

東京、日本、2022年4月9日。

Ameliorate Digital ConsultancyPrivateLimitedの市場調査およびコンサルティング部門であるMarketInsightsReportsは、化粧品梱包テープ市場に関する詳細な調査レポートの最終コピーを完成させ、公開しました。私たちは過去10年間市場を調査してきましたが、これはレポートの第6版です。調査を完了し、最終的に市場で販売できるようになるまでに約3か月かかりました。

水晶発振器市場は2020年に2,055.7百万米ドルと評価され、2026年までに22億8,960万米ドルに達すると予想され、予測期間(2021年から2026年)にわたって約2.2%のCAGRを記録します。

購入前に無料のサンプルコピーを入手するには、ここをクリックしてください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02075275688/global-crystal-oscillators-market-insights-and-forecast-to-2028/inquiry?mode=72

調査から得られた主な調査結果のいくつかは次のとおりです。

  1. 家庭用電化製品の頻繁な新製品の発売は、水晶発振器の市場を刺激すると予想されます。水晶発振器は、ケーブルテレビシステム、パーソナルコンピュータ、デジタルカメラ、ラジオシステム、スマートフォン、ウェアラブルなどで使用されています。
  2. TXC CorporationのCMOS出力付きSMD水晶発振器、8Nおよび8Rシリーズは、出力周波数範囲が4〜54 MHz、供給電圧が最大3.63 V、周波数安定性が25、50、および100ppmの仕様で設計されています。それらは、他のコンパクトなポータブル消費者製品の中でも、スマートフォンや一口モジュールに最適です。
  3. エプソンとローデ・シュワルツは、インクジェット技術、ビジュアルコミュニケーション、ウェアラブルの革新に沿って、発振器の電源とノイズ除去を測定するための最新の手順を提供するために協力しました。合弁会社は、EpsonのSG3225EEN低ノイズ差動水晶発振器からの手順とデータを実証する場合があります。これは、Rohde&SchwarzのR&SFSWP位相ノイズアナライザーによって測定される場合があります。

キーマーケットキープレーヤー:

私たちの調査の過程で、私たちはいくつかの著名な地元のプレーヤーと一緒に世界中の主要な市場プレーヤーを研究しました。調査で見つけた利用可能なすべてのプレーヤーの詳細なリストを作成し、以下に記載されているプレーヤーをリストに含めました。

宮崎エプソン、日本電波工業(NDK)、TXC、京セラクリスタルデバイス(KCD)、大真空、村田製作所、ラコン、ベクトロンインターナショナル、リバーエレテック、シワードクリスタルテクノロジー。 、Hosonic Electronic。、MercuryElectronicInd。

新規および最新の市場動向:

  • レポートの範囲によると、血管内カテーテルは医療グレードで作られた細いチューブであることがわかり、これは体内、特に静脈に挿入されて手術を行ったり感染症を治療したりします。基本的に、これらのチューブまたは医療機器は、患者の状態に応じてさまざまなタスクを実行するとともに、ガスの投与、手術器具へのアクセス、およびドレナージを可能にします。
  • 短い末梢血管内カテーテル(PIVC)は、これらの製品に関連する感染リスクが低いため、市場を支配してきました。さらに、短いPIVCは、排出が速く、滞留時間が短いため、他のカテーテルよりも主に好まれます。
  • アメリカ心臓協会によると、根本的な死因として挙げられている心血管疾患(CVD)は、2016年に米国で840,678人の死亡を占め、3人に1人が死亡しています。2016年には、冠状動脈性心臓病が米国の心血管疾患に起因する死亡の主な原因(43.2%)であり、続いて脳卒中(16.9%)、高血圧(9.8%)、心不全(9.3%)、動脈(3.0%)、およびその他の心血管疾患(17.7%)。

最近の市場動向:

  1. 2020年2月-京セラ株式会社は、シリコンMEMS共振器を製造する独自の技術の開発に成功しました。これらのMEMS共振器は、主にIoTデバイス、ADAS、およびEVテクノロジーで使用されます。このテクノロジーの開発により、同社は新興テクノロジー対応市場でのポートフォリオの拡大に集中することができます。
  2. 2020年1月-テストおよび測定機器のプロバイダーであるEpsonとRohde&Schwarzは、実際のシグナルインテグリティ設計の課題に明確さと精度をもたらすために、電源ノイズ除去を測定するための最新のテスト手順の共同開発を発表しました。これにより、企業は、ローデ・シュワルツのR&S FSWP位相ノイズアナライザーによって測定されたエプソンのSG3225EEN低ノイズ差動水晶発振器の手順と要約データを紹介し、デモンストレーションすることができます。

地域分析:

  1. 中国は、家庭用電化製品、半導体、およびその他の通信機器および機器の製造における確固たる地位により、世界的に水晶発振器の重要な市場の1つです。この国は、水晶発振器の重要な消費者および生産者の1つです。
  2. アジア太平洋地域では、韓国は水晶発振器の重要な市場の1つでもあります。これは、韓国のエンドユーザー産業がこの技術を大規模に採用しているためです。家庭用電化製品、半導体、通信機器、5Gサービスなど、この国の産業は、水晶発振器の重要な採用者の一部です。
  3. 日本は電子機器の最大のメーカーの1つです。また、アジア太平洋地域における電圧制御発振器の主要な消費者の1つでもあります。市場での競争の激化による電子機器の生産レベルの増加、および電子音楽機器の生産におけるVCOの採用の増加は、この成長を推進する主な要因の1つです。

//***マーケットセグメント分析

  • この市場で最大の市場セグメントは確かに水晶発振器です。既存製品と新製品の需要が増え続ける中、このセグメントはより多くの機会で市場をリードしています。
  • 必要となる2つの最大の材料は、ガラスとプラスチックです。Aptar、Gerresheimer AG、Amcor Limitedなど、このセグメントのすべての企業は、過去5年間でプラス成長を遂げています。
  • 私たちの研究では、ヘアケア、スキンケア、メイクアップ、ネイルケアが化粧品用途で約50%の市場シェアを持っていることもわかりました。したがって、パッケージングセグメントでも同様のシェアを持っています。
  • 成長の最大の可能性は、リサイクル可能な材料と有機包装材料に見られます。
  • 高い成長機会の他の分野は次のとおりです。ラベリングとレーザーマーキング、インクメーカーと品質管理認証および規制機関。*****

以下のリンクに登録することで、レポートの詳細を読んだり、購入前にレポートのサンプルを要求したりできます。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02075275688/global-crystal-oscillators-market-insights-and-forecast-to-2028?mode=72

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を提供します。統計的予測、競争力のある風景、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)-MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com