供給、需要、消費、販売、価格、シェア、収益、COVID-19インパクト、トップメーカー別のマスクアライナーマーケットレポート2020

マスクアライナーマーケット

マスクアライナーマーケット

Global Mask Aligners Market Report 2019-Market Size、Share、Price、Trend and Forecastは、グローバルマスクアライナー業界の現在の状況に関する専門的かつ詳細な調査です。 Mask Alignersの世界市場規模は、2014年から2018年までのCAGRで2018年に100万ドルであり、2019年から2024年までのCAGRが%である2024年末までに100万ドルに達すると予想されています。

このレポートでは、競合セグメント、製品タイプセグメント、最終用途/アプリケーションセグメント、地理セグメントの4つの主要セグメントがカバーされています。

トップ企業が含まれます
ABM
csun
アドテックエンジニアリング
OAI
EVグループ
カール・サス
完全な企業リストについては、サンプルページをリクエストしてください。

https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4328671-global-mask-aligners-market-report-2019-market-size-share-price-trend-and-forecastで無料サンプルレポートをリクエストする

各競合他社の情報には、次のものが含まれます。
会社概要
主な事業情報
SWOT分析
売上、収益、価格、粗利
市場占有率

製品タイプセグメントについては、このレポートはマスクアライナー市場の主な製品タイプをリストしました
製品タイプI
製品タイプII
製品タイプIII

このレポートは、最終用途/アプリケーションセグメントについて、主要なアプリケーションのステータスと見通しに焦点を当てています。エンドユーザーもリストされています。
アプリケーションI
アプリケーションII
アプリケーションIII

このレポートは、次の地域を対象としています。
北米
南アメリカ
アジア太平洋地域
ヨーロッパ
MEA(中東およびアフリカ)

米国、中国、日本、インド、韓国、ASEAN、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン、CIS、ブラジルなど、各地域の主要国も考慮されます。

このレポートを購入する理由
最近の傾向とSWOT分析による市場の見通しの分析
市場ダイナミクスシナリオと今後数年間の市場の成長機会
経済的および非経済的側面の影響を組み込んだ定性的および定量的研究を含む市場細分化分析
市場の成長に影響を与えている需要と供給の力を統合する地域および国レベルの分析。
各セグメントおよびサブセグメントの市場価値(USDミリオン)およびボリューム(ユニットミリオン)データ
主要なプレーヤーの市場シェアに加えて、過去5年間にプレーヤーが採用した新しいプロジェクトと戦略を含む競争環境
製品の提供、主要な財務情報、最近の動向、SWOT分析、および主要市場プレーヤーが採用している戦略を網羅する包括的な企業プロファイル
1年間のアナリストサポートとExcel形式のデータサポート。

また、お客様の特別な要件を満たすためにカスタマイズされたレポートを提供することもできます。地域と国のレポートも提供できます。

https://www.wiseguyreports.com/reports/4328671-global-mask-aligners-market-report-2019-market-size-share-price-trend-and-forecastで詳細なレポートを表示する

私たちに関しては:
Wise Guy ReportsはWise Guy Research Consultants Pvtの一部です。 Ltd.は、世界中の業界や政府向けに、プレミアムプログレッシブ統計調査、市場調査レポート、分析および予測データを提供しています。

お問い合わせ:
ノラトレント
sales@wiseguyreports.com
Ph:+ 1-646-845-9349(米国)
Ph:+44 208 133 9349(イギリス)

In-Vitro Diagnostics(IVD)Market 2020:Global Analysis、Share、Trends、Application Analysis and Forecast to 2024

体外診断(IVD)業界

説明

Wiseguyreports.Comが「In-Vitro Diagnostics(IVD)-Market Demand、Growth、Opportunities and Analysis of Top Key Player Forecast to 2021」をリサーチデータベースに追加

診断とは、特定の現象の性質と原因を特定することです。これには、in vivoとin vitroの診断という2種類のテスト方法が含まれます。体外診断(IVD)テストは、健康状態のチェックや病気の診断に使用する分析機器、デバイス、試薬、キャリブレーター、システムを患者の体外で実行するテストとして定義されます。 IVDテストを行う目的は、あらゆる種類のリスクを予防、効果的に治癒、軽減することと、治療後の集中治療疾患および感染症を対象とすることです。 IVD製品は、人体に由来するサンプルを収集し、人体の外で精査するために正確に設計および製造されています。

グローバルIVD市場は、製品、使用される技術、テスト場所に基づいて分割されます。製品に基づいて、この市場は3つのサブセグメントに分けることができます。試薬、分析機器および付属品。採用されているテクノロジーにより、さまざまなサブセグメントに分割できます。免疫化学、SMBG、POCT、分子診断、臨床化学、微生物学、血液学など。さらに、テストの場所に応じて、市場は3つのサブセグメントに分割できます。ラボ、POC、セルフテスト。

グローバルIVD市場の成長は、感染症の急速な発生、糖尿病患者の増加、慢性疾患の発生率の急増など、いくつかの要因によって推進されています。さらに、高齢者人口の増加、1人あたりのGDPの増加、1人あたりの医療費の増加は、市場の成長の触媒として機能します。基本的なインフラの改善と相まって、適切な人口動態の変化と可処分所得の増加により、アジア太平洋やラテンアメリカなどの発展途上地域は、力強い成長を経験することが期待されています。ただし、市場の成長見通しは、顧客の採用の欠如、適切な設備とインフラストラクチャの欠如、および厳格な政府規制により妨げられる可能性があります。

レポート「Global In-Vitro Diagnostics(IVD)Market:Industry Analysis&Outlook(2017-2021)」は、北米、EMEA、アジア太平洋およびラテンアメリカの市場に焦点を当てて、この市場の発展を分析しています。このレポートでは、主要なトレンド、成長ドライバー、および市場が直面している問題について詳しく説明しています。 4つの主要なプレーヤー:Siemens AG。、Roche Holdings AG。、Abbott Laboratories、およびDanaher Corp.が、主要な財務状況と成長戦略とともに紹介されています。

サンプルレポートのリクエスト@ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/2379202-global-in-vitro-diagnostics-ivd-market-industry-analysis-outlook-2017-2021

 

目次

1。概要

1.1体外診断(IVD)
1.2タイプ別のIVD製品
1.3 IVDテスト
1.4技術によるIVD市場
1.5 IVDの使用
1.6 IVDバリューチェーン分析

2.グローバルIVD市場

2.1値によるグローバルIVD市場
2.2グローバルIVD市場予測値
2.3地域によるグローバルIVD市場
2.4適応症による世界のIVD市場
2.5テスト場所による全体的なIVD市場
2.6製品別のグローバルIVD市場
2.6.1値で予測グローバルIVD試薬市場
2.6.2値で予測グローバルIVD楽器市場
2.7技術による世界のIVD市場

3.技術による全体的なIVDの市場分析

3.1値による世界のSMBG市場予測
3.2値によって予測される世界の臨床化学市場
3.3グローバル免疫化学市場
3.3.1値によって予測される世界の免疫化学市場
3.3.2適応症による世界の免疫化学市場
3.4グローバル分子診断市場
3.4.1値による予測の世界の分子診断市場
3.4.2適応症による世界の分子診断市場
3.4.3地域によるグローバル分子診断市場
3.5値による世界のポイントオブケア(POC)市場予測
3.6グローバル微生物学市場
3.6.1値で予測グローバル微生物学市場
3.6.2徴候による全体的な微生物学の市場
3.7値によって予測される世界の血液学市場

クエリを残す@ https://www.wiseguyreports.com/enquiry/2379202-global-in-vitro-diagnostics-ivd-market-industry-analysis-outlook-2017-2021

4.地域のIVD市場

4.1北米
4.1.1値による北アメリカIVD市場予測
4.1.2徴候による北アメリカの微生物学の市場
4.1.3値による米国IVDの市場予測
4.2 EMEA
4.2.1 EMEA IVD市場予測値別
4.2.2徴候によるヨーロッパの微生物学の市場
4.3アジア太平洋
4.3.1値によるアジア太平洋IVD市場予測
4.3.2値による中国IVD市場予測
4.3.3値による日本IVD市場予測
4.4ラテンアメリカ
4.4.1ラテンアメリカIVD市場予測値

5.市場ダイナミクス

5.1成長ドライバー
5.1.1糖尿病患者ベースの増加
5.1.2感染症の急速な発生
5.1.3慢性疾患の発生の急増
5.1.4 1人あたりの世界的なヘルスケアの支出の増加
5.1.5一人当たりのグローバルGDPの上昇
5.1.6老年人口の増加

5.2主なトレンドと開発
5.2.1 CFDA IVDの市場の承認の上昇
5.2.2コアラボの統合
5.2.3ヨーロッパのIVD市場の米国LDT企業の浸透の増加
5.2.4合併および買収

5.3課題
5.3.1顧客採用の欠如
5.3.2適切なインフラストラクチャの緊急の必要性
5.3.3 IVDテストに関する政府規制

6.競争環境

6.1グローバルIVD市場
6.1.1収益と時価総額。比較
6.1.2会社による全体的なIVDの市場占有率
6.1.3会社による全体的な免疫化学の市場占有率
6.1.4会社による世界的な分子診断市場シェア
6.1.5会社による全体的なPOCTの市場占有率

7.会社プロファイル

7.1シーメンスAG
7.1.1事業概要
7.1.2財務概要
7.1.3ビジネス戦略

7.2 Roche Holding AG
7.2.1事業概要
7.2.2財務概要
7.2.3ビジネス戦略

7.3アボット研究所
7.3.1事業概要
7.3.2財務概要
7.3.3ビジネス戦略

7.4 Danaher Corporation
7.4.1事業概要
7.4.2財務概要
7.4.3事業戦略

図のリスト

診断の種類
IVD製品のタイプ
IVDテストのタイプ
技術によるIVD市場
IVDバリューチェーン分析
値(2012-2016年)によるグローバルIVD市場
値(2017-2021)によって予測される世界のIVD市場
地域別のIVD市場(2016年)
徴候(2016年)による全体的なIVDの市場
テスト場所(2016年)による全体的なIVD市場
製品別のグローバルIVD市場(2016)
値(2016-2021)によって予測されるグローバルIVD試薬市場
価値(2016-2021)によって予測される全体的なIVDの器械の市場
技術(2016年)による全体的なIVD市場
値(2016-2021)によって予測される世界のSMBG市場
価値(2016-2021)によって予測される世界の臨床化学市場
価値(2016-2021)によって予測される全体的な免疫化学市場
適応症別の世界の免疫化学市場(2016)
値(2016-2021)によって予測されるグローバル分子診断市場
適応症別の世界の分子診断市場(2016)
地域(2016年)による世界的な分子診断市場
価値(2016-2021)による予測の世界的なポイントオブケア(POC)市場
価値(2016-2021)によって予測される世界の微生物学市場
適応症別の世界の微生物学市場(2016)
値(2016-2021)によって予測されるグローバル血液市場
値(2016-2021)によって予測される北米のIVD市場
徴候(2016年)による北アメリカの微生物学の市場

今すぐ購入@ https://www.wiseguyreports.com/checkout?currency=one_user-USD&report_id=2379202

続き…

お問い合わせ:Sales@Wiseguyreports.Com電話番号:+ 1-646-845-9349(Us)電話番号:+44 208 133 9349(英国)

消費者向け3Dプリンティング市場2020-グローバル産業分析、規模、シェア、成長、トレンド、予測2026

このレポートは、以下の市場情報を含む、コンシューマー3Dプリンティングの市場規模と予測をカバーしています。
グローバルコンシューマー3Dプリント市場サイズ、2019〜2021年、および2020年(四半期データ)、(100万ドル)および(K単位)
タイプ別およびアプリケーション別のグローバルコンシューマー3Dプリント市場サイズ、2019〜2021年、および2020年(四半期データ)、(100万ドル)および(K単位)
地域(および主要国)、2019年から2021年、および2020年(四半期データ)、(百万米ドル)および(K単位)別のグローバルコンシューマー3Dプリント市場サイズ
会社別グローバルコンシューマー3Dプリント市場サイズ、2019〜2020年(四半期データ)、(100万ドル)&(K単位)

主要市場プレーヤー
この市場で特定されている主要な競合他社には、Arcam AB、Asiga、Beijing Tiertime Technology、Biomedical Modeling Inc、Carima、Concept Laser GmbH、EOS GmbH Electro Optical Systems、ExOne GmbH、Envisiontec、Evonikなどがあります。

https://www.wiseguyreports.com/sample-request/5340859-covid-19-impact-on-consumer-3d-printing-market-global-research-reports- @消費者向け3D印刷業界の展望に関する無料サンプルレポートを入手する2020-2021

地域に基づく:
アジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、ASEAN)
北米(米国およびカナダ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア)
その他の国(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)

タイプに基づく:
プラスチック
金属
セラミックス
複合材料
その他

アプリケーションに基づいて:
宝石
アート
室内装飾
リモコンカー
その他

注:私たちのチームはCovid-19とそのさまざまな業界の垂直への影響を調査しており、必要に応じて、市場と業界のより良い分析のためにCovid-19のフットプリントを検討します。詳細については、心からお問い合わせください。

目次

1.1調査範囲
1.2市場セグメンテーション
1.3研究目的
1.4調査方法
1.4.1研究プロセス
1.4.2データの三角測量
1.4.3研究アプローチ
1.4.4基準年
1.5 2019年コロナウイルス病(Covid-19)の影響は、世界の成長に深刻な影響を与える
1.5.1 Covid-19の影響:2019年、2020年、2021年の予測による世界のGDP成長
1.5.2 Covid-19インパクト:商品価格指数
1.5.3 Covid-19の影響:グローバルな主要政府政策
1.6消費者3D印刷業界に対するCovid-19の影響
1.7 COVID-19の影響:消費者向け3Dプリント市場の動向

2グローバルコンシューマー3Dプリンティングの四半期ごとの市場規模分析
2.1消費者向け3Dプリンティングビジネスインパクトアセスメント-COVID-19
2.1.1グローバルコンシューマー3Dプリント市場規模、プレCOVID-19とポストCOVID-19の比較、2015-2026
2.1.2グローバルコンシューマー3Dプリンティング価格、プレCOVID-19とポストCOVID-19の比較、2015-2026
2.2グローバルコンシューマー3Dプリントの四半期市場規模2020〜2021年
2.3 COVID-19主導の市場ダイナミクスと因子分析
2.3.1ドライバー
2.3.2拘束
2.3.3機会
2.3.4課題

7会社プロファイル
7.1 Arcam AB
7.1.1 Arcam ABビジネスの概要
7.1.2 Arcam AB消費者向け3Dプリンティング、四半期生産および収益、2020年
7.1.3 Arcam ABコンシューマ3Dプリンティング製品紹介
7.1.4 COVID-19および関連する開発に対するArcam ABの対応
7.2アシガ
7.2.1 Asiga事業概要
7.2.2 Asigaコンシューマー3Dプリンティングの四半期の生産と収益、2020年
7.2.3 Asigaコンシューマー3Dプリンティング製品の紹介
7.2.4 COVID-19および関連する開発に対するAsigaの対応
7.3北京Tiertimeテクノロジー
7.3.1北京Tiertimeテクノロジービジネスの概要
7.3.2北京Tiertimeテクノロジーコンシューマー3Dプリンティング四半期生産と収益、2020年
7.3.3北京Tiertime技術消費者3D印刷製品の紹介
7.3.4 COVID-19と関連する開発に対する北京Tiertimeテクノロジーの対応
7.4生物医学モデリング株式会社
7.4.1 Biomedical Modeling Inc事業の概要
7.4.2 Biomedical Modeling Inc消費者向け3Dプリント、四半期生産および収益、2020年
7.4.3 Biomedical Modeling Inc消費者向け3Dプリント製品紹介
7.4.4 COVID-19と関連する開発への生物医学モデリングIncの対応
7.5カリーマ
7.5.1 Carima事業の概要
7.5.2 Carimaコンシューマー3Dプリンティング四半期生産および収益、2020年
7.5.3 Carima消費者3D印刷製品の紹介
7.5.4 COVID-19および関連する開発に対するカリマの対応
7.6 Concept Laser GmbH
7.6.1 Concept Laser GmbH事業の概要
7.6.2 Concept Laser GmbH消費者向け3Dプリント、四半期生産および収益、2020年
7.6.3 Concept Laser GmbH消費者向け3D印刷製品の紹介
7.6.4 COVID-19と関連する開発に対するConcept Laser GmbHの対応
7.7 EOS GmbH電気光学システム
7.7.1 EOS GmbH電気光学システム事業の概要
7.7.2 EOS GmbH Electro Optical Systems Consumer 3D Printing Quarterly Production and Revenue、2020
7.7.3 EOS GmbH Electro Optical Systems Consumer 3D Printing製品の紹介
7.7.4 EOS GmbH電気光学システムのCOVID-19および関連開発への対応

……続き

https://www.wiseguyreports.com/enquiry/5340859-covid-19-impact-on-consumer-3d-printing-market-global-research-reports @消費者向け3Dプリント市場のサイズ、シェア、ボリュームに関する質問をする-2020-2021

お問い合わせ:
ノラ・トレント
パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー
sales@wiseguyreports.com
Ph:+1(339)368 6938(米国)
Ph:+44 208 133 9349(イギリス)

冷凍食品市場 2020 グローバル産業の販売、供給、消費、分析、予測 2026

冷凍食品市場 2020

冷凍食品市場はタイプ別、アプリケーション別に分類されています。プレーヤー、利害関係者、およびグローバルな冷凍食品市場の他の参加者は、レポートを強力なリソースとして使用することで優位に立つことができます。セグメント分析は、2015-2026年のタイプ別およびアプリケーション別の売上、収益、予測に焦点を当てています.

タイプ別に区分すると、冷凍食品市場は 冷凍即席お食事 冷凍肉と家禽 冷凍魚とシーフード 冷凍果物と野菜 冷凍ポテト製品 冷凍スープ

用途別に分類すると、冷凍食品市場は 小売 法人のお客様

 

無料サンプルレポートのリクエスト @ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/5619154-global-frozen-food-market-insights-and-forecast-to-2026

地域および国レベルの分析 冷凍食品市場が分析され、市場規模の情報が地域(国)によって提供されます。

冷凍食品市場レポートで取り上げられている主要な地域は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカです。また、主要な地域(国)、米国、カナダ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ロシア、中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、メキシコ、ブラジル、トルコ、サウジアラビア、UAEなど

レポートには、2015年から2026年までの国別および地域別の市場規模が含まれています。また、2015年から2026年までの市場規模と、タイプ別およびアプリケーションセグメント別の売上と収益の予測も含まれています。

競合状況と冷凍食品市場のシェア分析 冷凍食品市場の競争状況は、プレーヤーによる詳細とデータ情報を提供します。レポートは、2015年から2020年までの期間のプレーヤーによる包括的な分析と収益に関する正確な統計を提供します。また、2015〜2020年の期間のプレーヤーによる収益(グローバルレベルおよび地域レベル)に関する信頼できる統計によってサポートされる詳細な分析も提供します。記載内容は、会社概要、主要事業、会社総収益・売上高、冷凍食品事業での収益、冷凍食品市場参入日、冷凍食品製品紹介、最近の動向等です。

対象となる主要ベンダー:
Nestle
ConAgra
H.J. Heinz
Amy’s Kitchen
Conagra Brands
McCain Foods
Tyson Foods
Unilever
Simplot Food Group
Seneca Foods Corporation
Ralcorp Frozen Bakery Products
Kraft Food
Mccain Foods
Iceland Foods
Goya Foods

 

お問い合わせ:
Norah Trent
Partner Relations & Marketing Manager
sales@wiseguyreports.com
www.WiseGuyReports.com
Ph: +1-646-845-9349 (US)
Ph: +44 208 133 9349 (UK)

グローバルコーヒーポッド市場2019:最新の調査で調査されたサイズ、シェア、需要、トレンド、成長および2023年予測

夏:-

Wiseguyreports.Comが「コーヒーポッド-市場の需要、成長、機会、製造業者、2023年までの主要なプレーヤーの分析」をリサーチデータベースに追加

コーヒーポッド市場の概要:-

最初に、レポートはコーヒーポッド市場の包括的な分析と予測をグローバルレベルとリージョンレベルで述べています。レポートは、収益の生成、および市場価値と量の観点から、市場の過去、既存、および予測される成長に基づいて、2019年から2023年までの完全なデータを提供します。さらに、レポートには、評価期間中に市場構造で発生した注目すべき変化が含まれています。コーヒーポッド市場における影響力のあるトレンドの多様な分析、確認可能な予測、マクロおよびミクロ経済指標、規制、および義務も調査に追加されました。そうすることで、レポートは予測期間中の市場の各重要なセグメントの成長に光を投げかけます。

地域分析

コーヒーポッド市場の評価と予測は、地域的およびグローバルなベースで研究されています。地域に基づいて、コーヒーポッド市場はアジア太平洋(中国、日本、韓国、インド、東南アジア、
北米(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)
南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア)
中東およびアフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

コーヒーポッドマーケットの無料サンプルレポート@https://www.wiseguyreports.com/sample-request/3426658-global-coffee-pods-market-by-manufacturers-regions-type

ドライバーと制約

レポートには、コーヒーポッド市場に大きな影響を与える重要な要素の詳細な分析が含まれています。レポートは、評価期間中のコーヒーポッド市場の成長を促進、抑制、および挑戦している要因を正確に説明しています。また、市場プレーヤーが市場を包括的に理解する機会を生み出すと予想される変化する側面も含まれています。

研究方法

市場レポートは、この幅広い商業的、市場志向、および技術的な見積もりの​​ための適切な情報を区別して収集するために、多くのプライマリ(インタビュー、調査観測)およびセカンダリ(ジャーナル、産業データベース)ソースの支援を受けて蓄積されました。ポーターの5つの力モデルは、市場評価を正確に決定し、いくつかの長所と短所、機会、脅威(SWOT分析)、および市場に関連する複数の定量的および定性的研究を検証するために実装されています。

レポートについてのお問い合わせ@https://www.wiseguyreports.com/enquiry/3426658-global-coffee-pods-market-by-manufacturers-regions-type

キープレイヤー

レポートは、コーヒーポッド市場の競争シナリオと市場を混乱させると予測される現在の傾向の包括的な研究をカバーしています。これは、主要プレーヤーと新興プレーヤーの両方を含む、市場の動的​​プレーヤーを識別します。レポートには、主要な市場プレーヤーのより広範な概要を提供するための市場シェアレビューの会社が含まれています。さらに、レポートはまた、新製品の発売、パートナーシップ、契約、研究開発のコラボレーションと合弁事業、買収と合併、世界と地域ベースでの最も重要な市場関係者の成長など、市場の注目すべき戦略的発展も含みます。

スベトール
Dualit
UCC
アールストローム
マジェスティックコーヒー
ラクレマ
シアトルのベストコーヒーLLC
Cafedirect
Greensky
Yuensun
羽ばたく

続く……………………

歯磨き粉市場–グローバル産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド&予測2020 – 2026

世界の歯磨き粉業界

「2018-2025歯磨き粉市場のグローバルキープレーヤー、需要、成長、機会、分析予測」に関する新しい調査がWise Guyレポートデータベースに追加されました

このレポートは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東&アフリカなどの主要地域における歯磨き粉の世界市場規模を調査し、これらの地域での歯磨き粉の消費に焦点を当てています。

この調査レポートは、世界の歯磨き粉市場をプレーヤー/ブランド、地域、種類、用途別に分類しています。このレポートでは、グローバル市場の状況、競争状況、市場シェア、成長率、将来のトレンド、市場の推進力、機会と課題、販売チャネル、ディストリビューター、およびポーターの5つの力の分析も調査します。

歯磨き粉は、歯ブラシと一緒に使用して、歯をきれいにし、口腔の健康を保護し、人間の生活必需品の安全を確保します。

中国のオーラルケア製品に対する需要は、過去10年間で急速に拡大しています。次の10年間で、生産と需要の両方が成長し続けます。

サンプルレポートをお試しください@ https://www.wiseguyreports.com/reports/3379441-global-toothpaste-market-insights-forecast-to-2025

2017年の歯磨き粉の世界市場規模はxx百万USドルで、2025年にはxx百万USと予測され、2018年からCAGRがxx%増加すると予測されています。この調査の目的は、会社、製品タイプ、アプリケーション、および主要地域に基づく歯磨き粉の市場。

歯磨き粉のバリューチェーンに関与するさまざまな貢献者には、製造業者、供給業者、販売業者、仲介業者、および顧客が含まれます。歯磨き粉の主要メーカーには、

CCAインダストリー

教会とドワイト

コルゲートパーモリーブ

ガバホールディング

ダバーインド

グラクソスミスクライン

ヘンケル

LG家庭用およびヘルスケア

ライオン

プロクター・アンド・ギャンブル

ラニル

サンスタースイス

ユニリーバ

ヒンドゥスタンユニリーバ

タイプ別市場規模

標準歯磨き粉

歯磨き粉を白くする

子供の歯磨き粉

虫歯予防歯磨き粉

敏感な歯磨き粉

アプリケーション別市場規模分割

スーパーマーケット

コンビニ

その他の…

このレポートの調査目的は次のとおりです。

会社、主要な地域/国、製品とアプリケーション、2013年から2017年までの履歴データ、2025年までの予測によるグローバルな歯磨き粉の市場規模(価値と量)を調査および分析します。

さまざまなサブセグメントを特定することにより、歯磨き粉市場の構造を理解する。

市場の成長に影響を与える主要な要素(成長の可能性、機会、ドライバー、業界固有の課題とリスク)に関する詳細情報を共有する。

主要な世界の歯磨き粉メーカーに焦点を当て、今後数年間の販売量、価値、市場シェア、市場競争状況、SWOT分析、開発計画を定義、説明、分析します。

個々の成長傾向、将来の展望、および全体的な市場へのそれらの貢献に関して歯磨き粉を分析すること。

主要な地域(およびそれぞれの主要国)に関して、歯磨き粉のサブマーケットの価値と量を予測する。

拡張、契約、新製品の発売、市場での買収などの競争の進展を分析する。

主要なプレーヤーを戦略的にプロファイルし、その成長戦略を包括的に分析する。

詳細については、WiseGuyレポート@をご覧ください。

https://www.wiseguyreports.com/reports/3379441-global-toothpaste-market-insights-forecast-to-2025

目次の主なポイント:

1調査範囲

1.1歯磨き粉製品

1.2主要な市場セグメント

1.3対象となる主要メーカー

1.4タイプ別市場

1.4.1グローバル歯磨き粉市場サイズ成長率の種類別

1.4.2標準歯磨き粉

1.4.3歯磨き粉を白くする

1.4.4子供の歯磨き粉

1.4.5虫歯予防歯磨き粉

1.4.6抗敏感な歯磨き粉

1.5アプリケーション別の市場

1.5.1世界の歯磨き粉市場規模アプリケーション別成長率

1.5.2スーパー

1.5.3コンビニエンスストア

1.5.4その他

1.6研究の目的

考慮される1。7年

2エグゼクティブサマリー

2.1世界の歯磨き粉の市場規模

2.1.1世界の歯磨き粉の収益2016-2025

2.1.2グローバル歯磨き粉販売2016年-2025

2.2地域による歯磨き粉の成長率

2.2.1地域による歯磨き粉のグローバル販売

2.2.2地域による歯磨き粉のグローバル収益

3メーカー別内訳データ

3.1製造業者による歯磨き粉の販売

3.1.1製造業者による歯磨き粉の販売

3.1.2メーカーによる歯磨き粉の販売市場シェア

3.1.3世界の歯磨き粉市場濃度比(CR5およびHHI)

3.2製造業者による歯磨き粉の収入

3.2.1製造業者(2016-2018年)による歯磨き粉の収入

3.2.2製造業者(2016-2018年)による歯磨き粉の収入分配

3.3メーカー別の歯磨き粉の価格

3.4練り歯磨きの製造拠点の分布、製品タイプ

3.4.1歯磨き粉メーカーの製造拠点の分布、本社

3.4.2メーカーの歯磨き粉製品カテゴリ

3.4.3国際メーカーが練り歯磨き市場に参入する日

3.5メーカーの合併と買収、拡張計画

タイプ別の内訳データ

4.1タイプによる全体的な歯磨き粉の販売

4.2グローバル歯磨き粉の収益タイプ別

4.3タイプごとの歯磨き粉の価格

5アプリケーション別の内訳データ

5.1概要

5.2アプリケーション別の歯磨き粉の内訳データ

6北米

6.1国による北アメリカの歯磨き粉

6.1.1国による北アメリカの歯磨き粉の販売

6.1.2国による北アメリカの歯磨き粉の収入

6.1.3アメリカ合衆国

6.1.4カナダ

6.1.5メキシコ

6.2タイプによる北アメリカの歯磨き粉

6.3北米の用途別練り歯磨き

6.4会社による北アメリカの歯磨き粉

7ヨーロッパ

7.1国によるヨーロッパの歯磨き粉

7.1.1国によるヨーロッパの歯磨き粉の販売

7.1.2国によるヨーロッパの歯磨き粉の収入

7.1.3ドイツ

7.1.4フランス

7.1.5イギリス

7.1.6イタリア

7.1.7ロシア

7.2タイプによるヨーロッパの歯磨き粉

7.3適用によるヨーロッパの歯磨き粉

7.4会社によるヨーロッパの歯磨き粉

8アジア太平洋

8.1国によるアジア太平洋の歯磨き粉

連絡先情報:

名前:Norah Trent

グローバル4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場2020:サイズ、シェア、分析、地域別の見通しおよび予測2026

WiseGuyRerports.comが「グローバル4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場調査レポート2020」を調査データベースに新規ドキュメントとして提示

このレポートは、2020年から2026年までのレビュー期間における4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場の調査を示しています。また、ポーターの5因子分析とサプライチェーン分析を利用した市場因子分析も含まれています。市場メカニズムの詳細な理解のために、市場のセグメント分割も追加されます。レポートは、対象となる業界の最も包括的なカバレッジを提供し、実用的なデータとともに、市場の全体的かつ深い理解を保証します。

ドライバーと制限:

4G / 5Gテレマティクスコントロールユニットの市場ドライバーと課題のパラメーターについて、この調査では、4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場を形成する基本的なダイナミクスについて理解を深めています。レポートはまた、豊富なボリュームトレンドと市場要素の履歴をトレンドとして収集し、市場の成長グラフを理解するための市場価値も収集します。このセグメントでは、専門家が多数の潜在的な成長要因、リスク、および機会を評価して、市場全体の評価を正確に把握します。

5Gテレマティクスコントロールユニット市場の展望@の無料サンプルレポートを入手https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4991424-global-4g-5g-telematics-control-unit-market-research-report-2020

 

キープレイヤー

LG

ハーマン

ボッシュ

コンチネンタル

デンソー

マレリ

ビステオン

エフテン

パイカー

ノベロ

フィコサ

Huawei

Flaircomm Microelectronics

厦門ヤクソンネットワーク

地域の説明:

4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場の分析と評価は、市場規模の理解が将来の市場の成長の迅速なプロファイリングを受ける可能性があるため、地域を含む世界規模で研究されています。市場が集中している地域をより詳しく見ることができるため、レポートはヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東&アフリカ、アジア太平洋、北米などの主要地域に焦点を当てています。これらの地域は、地域が代表する最新の傾向と機会に従って調査されます。これに加えて、これらの特定の地域での長期的な競争において市場に利益をもたらす可能性のある見通し。

調査方法

この調査は、レビュー期間中に4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場の分析を提示することを目的としており、ポーターの5フォースモデルに固定されたさまざまなパラメーターによって確認されています。さらに、市場の専門家はSWOT手法を使用し、4G / 5Gテレマティクスコントロールユニット市場に関する詳細情報とともにレポートを提示します。その結果、市場を徹底的に分析することで、市場の成長過程における主要な長所、機会、リスク、および弱点を特定し、強調することができます。

5Gテレマティクスコントロールユニットの市場規模について問い合わせる@https://www.wiseguyreports.com/enquiry/4991424-global-4g-5g-telematics-control-unit-market-research-report-2020

 

目次:

1レポートの概要

2地域別の世界の成長トレンド

3主要なプレーヤーによる競争風景

4タイプ別の内訳データ(2015-2026

5アプリケーション別の内訳データ(2015-2026

6北米

7ヨーロッパ

8中国

9日本

10東南アジア

11インド

12中南米

13主要プレーヤーのプロファイル

14アナリストの視点/結論

 

注:私たちのチームはCovid-19とそのさまざまな業界の垂直市場への影響を調査しており、必要に応じて市場と業界のより良い分析のためにCovid-19のフットプリントを検討します。詳細については、心からお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

ノラトレント

パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー

sales@wiseguyreports.com

www.wiseguyreports.com

Ph+ 1-646-845-9349(米国)

Ph+44 208 133 9349(イギリス)

 

 

Intelligent Automation 2020の市場セグメンテーション、アプリケーション、テクノロジー、および市場分析の調査レポート(2024年まで)

WiseGuyReports.comは、「Global Intelligent Automation Market Report 2020」に関する新しい市場調査レポートを公開しています。

インテリジェントオートメーション産業2020

あらすじ:-

インテリジェントオートメーション業界にも一定の影響がありましたが、比較的楽観的な成長を維持しています。過去4年間、インテリジェントオートメーションの市場規模は、xxの平均年間成長率を2015年のxx百万ドルから2020年にxx百万ドルに維持します。アナリストは、今後数年間でインテリジェントオートメーションの市場規模がさらに拡大すると考えています。2025年までに、インテリジェントオートメーションの市場規模はxx百万ドルに達すると予想しています。
このレポートは、出荷、収益、売上総利益、インタビュー記録、事業分布などの主要プレーヤーのデータをカバーしています。これらのデータは、消費者が競合他社についてよりよく知るのに役立ちます。このレポートは、市場規模を含む地域の開発状況を示す世界のすべての地域と国もカバーしています。
さらに、レポートはまた、タイプセグメント、業界セグメント、チャネルセグメントなどを含むセグメントデータをカバーしています。さまざまなセグメントの市場規模をカバーしています。また、主要なプレーヤーにとって非常に重要な、さまざまな業界のクライアントの情報もカバーします。

インテリジェントオートメーションマーケットレポートの無料サンプルレポート@ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/5362609-global-intelligent-automation-market-report-2020

詳細については、sales @ wiseguyreports.comにメールを送信してください。

セクション1:無料-定義
セクション(2 3):1200 USD——メーカーの詳細
IBM
Intel
マイクロソフト
SAP
アグリボティックス
クライメート・コーポレーション
タラニス
aどこ
プレシジョンホーク
粒状
Prospera Technologies
DTN
Resson
ビジョンロボティクス
Harvest Croo Robotics
CropX
John Deere
がまやケインサス

セクション4:900 USD——地域セグメンテーション
北米の国(米国、カナダ)
南アメリカ
アジアの国(中国、日本、インド、韓国)
ヨーロッパの国(ドイツ、イギリス、フランス、イタリア)
その他の国(中東、アフリカ、GCC)
セクション(5 6 7):500米ドル-
製品タイプのセグメンテーション
機械学習
コンピュータビジョン
予測分析
産業セグメンテーション
農業
装置
サイバーセキュリティ
自動車

チャネル(直販、代理店)セグメンテーション
セクション8:400米ドル-トレンド(2019-2024)
セクション9:300 USD——製品タイプの詳細
セクション10:700 USD——川下消費者
セクション11:200米ドル-コスト構造
セクション12:500米ドル-結論

インテリジェントオートメーション市場レポートの詳細なレポート@ https://www.wiseguyreports.com/reports/5362609-global-intelligent-automation-market-report-2020

目次–主なポイント

セクション1 Intelligent Automation Definition
セクション2グローバルインテリジェントオートメーション市場の主要なプレーヤーのシェアと市場の概要
セクション3主要なプレーヤーのインテリジェントオートメーションビジネスの紹介
セクション4グローバルインテリジェントオートメーション市場セグメンテーション(地域レベル)
セクション5グローバルインテリジェントオートメーション市場セグメンテーション(タイプレベル)
セクション6グローバルインテリジェントオートメーション市場セグメンテーション(業界レベル)
セクション7グローバルインテリジェントオートメーション市場セグメンテーション(チャネルレベル)
セクション8インテリジェントオートメーション市場予測2020-2025
セクション9 Intelligent Automation Segmentation Type
セクション10インテリジェントオートメーションセグメンテーション業界

続き…

注:私たちのチームはCovid-19とそのさまざまな業界の垂直への影響を調査しており、必要に応じて、市場と業界のより良い分析のためにCovid-19のフットプリントを検討します。詳細については、心からお問い合わせください。

お問い合わせ
ノラトレント
パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー
sales@wiseguyreports.com
www.wiseguyreports.com
Ph:+ 1-646-845-9349(米国)
Ph:+44 208 133 9349(イギリス)

グローバルIT運用およびサービス管理(ITOSM)市場の2020トレンド、市場シェア、業界規模、機会、分析、2026年までの予測

IT運用およびサービス管理(ITOSM)市場2020

Wiseguyreports.Comは、リサーチデータベースに「IT運用およびサービス管理(ITOSM)–グローバル市場の成長、機会、主要なプレーヤーの分析および2026年までの予測」を追加しました。

レポートの概要:

レポートの目的は、業界のIT運用およびサービス管理(ITOSM)の包括的かつ詳細な分析を提供することです。レポートは2020年を基準年とし、業界に影響を与えるさまざまな要因を考慮して2026年の予測を提供します。レポートによって提供される情報は、業界および市場のアナリストだけでなく、関心を持つ人々も使用できます。業界で。レポートで使用されるデータは信頼でき、正確です。データを収集するために一次および二次研究が行われました。レポートのデータは、さまざまな数学的および統計的メトリックを使用して分析されており、業界のパフォーマンスを同じタイプの他のパフォーマンスと比較するために使用できる数値化可能な数値をレポートのユーザーに提供します。価格傾向分析のような方法。 SWOT、ポーターズ5フォースは、レポートを作成し、業界の信頼できる分析を行うために使用されています。

このレポートは、グローバルIT運用およびサービス管理(ITOSM)のステータス、将来の予測、成長機会、主要市場、主要プレーヤーに焦点を当てています。調査の目的は、北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド、中南米におけるIT運用およびサービス管理(ITOSM)の発展を紹介することです。

この調査でカバーされた主要なプレーヤー
マイクロソフト
BMCソフトウェア
オラクル
IBM Corporation
HP
Broadcom
デル

無料サンプルレポートをリクエスト@ https://www.wiseguyreports.com/sample-request/5231815-global-it-operations-and-service-management-itosm-market

タイプ別の市場セグメント、製品は
ITSM
ITOM
アプリケーション別の市場セグメント、分割
BFSI
テレコムとIT
政府
ヘルスケア/医療/製薬
航空宇宙/防衛
小売/卸売/流通
製造
教育
その他の

地域/国別の市場セグメント、このレポートは
北米
ヨーロッパ
中国
日本
東南アジア
インド
中南米

このレポートの調査目的は次のとおりです。
グローバルなIT運用およびサービス管理(ITOSM)のステータス、将来の予測、成長機会、主要市場、主要プレーヤーを分析する。
北米、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド、中南米におけるIT運用およびサービス管理(ITOSM)の発展を紹介する。
主要なプレーヤーを戦略的にプロファイルし、その開発計画と戦略を包括的に分析する。
タイプ、市場、主要地域別に市場を定義、説明、予測する。

この調査では、IT運用およびサービス管理(ITOSM)の市場規模を推定するために考慮された年は次のとおりです。
歴史年:2015-2019
基準年:2019
推定年:2020
2020年から2026年までの予測
地域・企業・種類・用途別のデータ情報は、2019年を基準年としています。基準年のデータ情報が利用できなかった場合は常に、前年が考慮されます。

購入前のお問い合わせ@ https://www.wiseguyreports.com/enquiry/5231815-global-it-operations-and-service-management-itosm-market

特別な要件がある場合はお知らせください。必要に応じてレポートを提供します。

セグメント分析:–

業界のIT運用およびサービス管理(ITOSM)は、アプリケーション、エンドユーザー、およびそれが提供する製品とサービスの種類に基づいてセグメント化されています。したがって、レポートはこれらのセグメントに基づいて業界を調査します。レポートは、業界の成長を促進するアプリケーションに関連する詳細なデータを提供します。レポートでは、業界のIT運用およびサービス管理(ITOSM)の収益に大きく貢献する製品とサービス、およびそれらのエンドユーザーについても説明します。業界による新製品の革新についても報告されています。

目次の主なポイント:

1レポートの概要
1.1調査範囲
1.2主要な市場セグメント
1.3対象となるプレーヤー:IT運用およびサービス管理(ITOSM)収益によるランキング
1.4タイプによる市場分析
1.4.1グローバルIT運用およびサービス管理(ITOSM)市場規模の種類別成長率:2020対2026
1.4.2 ITSM
1.4.3 ITOM
1.5アプリケーション別の市場
1.5.1グローバルIT運用およびサービス管理(ITOSM)アプリケーション別市場シェア:2020対2026
1.5.2 BFSI
1.5.3テレコムとIT
1.5.4政府
1.5.5ヘルスケア/医療/製薬
1.5.6航空宇宙/防衛
1.5.7小売/卸売/流通
1.5.8製造
1.5.9教育
1.5.10その他
1.6研究の目的
考慮される1。7年

。……

13主要なプレーヤーのプロファイル
13.1マイクロソフトコーポレーション
13.1.1 Microsoft Corporation会社の詳細
13.1.2マイクロソフトコーポレーションの事業概要とその総収益
13.1.3マイクロソフトコーポレーションのIT運用およびサービス管理(ITOSM)の紹介
13.1.4マイクロソフトコーポレーションのIT運用およびサービス管理(ITOSM)ビジネスにおける収益(2015-2020))
13.1.5 Microsoft Corporation最近の開発
13.2 BMCソフトウェア
13.2.1 BMCソフトウェア会社の詳細
13.2.2 BMCソフトウェア事業の概要とその総収益
13.2.3 BMCソフトウェアIT運用およびサービス管理(ITOSM)の概要
13.2.4 IT運用およびサービス管理(ITOSM)ビジネス(2015-2020)におけるBMCソフトウェアの収益
13.2.5 BMCソフトウェアの最近の開発
13.3 Oracle
13.3.1オラクル社の詳細
13.3.2 Oracleビジネスの概要とその総収益
13.3.3 Oracle IT運用およびサービス管理(ITOSM)の概要
13.3.4 IT運用およびサービス管理(ITOSM)ビジネス(2015-2020年)におけるOracleの収益
13.3.5 Oracleの最近の開発
13.4 IBM Corporation
13.4.1 IBM Corporation会社の詳細
13.4.2 IBM Corporationの事業概要とその総収益
13.4.3 IBM Corporation IT Operations and Service Management(ITOSM)はじめに
13.4.4 IBM CorporationのIT運用およびサービス管理(ITOSM)ビジネスにおける収益(2015-2020)
13.4.5 IBM Corporation最近の開発
13.5 HP
13.5.1 HP会社の詳細
13.5.2 HPビジネスの概要とその総収益
13.5.3 HP IT運用およびサービス管理(ITOSM)の概要
13.5.4 IT運用およびサービス管理(ITOSM)ビジネスにおけるHPの収益(2015-2020)
13.5.5 HPの最近の開発
13.6 Broadcom
13.6.1 Broadcom会社の詳細
13.6.2 Broadcom事業の概要とその総収益
13.6.3 Broadcom IT運用およびサービス管理(ITOSM)の概要
13.6.4 BroadcomのIT運用およびサービス管理(ITOSM)ビジネスの収益(2015-2020)
13.6.5 Broadcomの最近の開発
13.7デル

続き…

注:私たちのチームはCovid-19とそのさまざまな業界の垂直への影響を調査しており、必要に応じて、市場と業界のより良い分析のためにCovid-19のフットプリントを検討します。詳細については、心からお問い合わせください。

お問い合わせ:

ノラトレント

パートナーリレーションズ&マーケティングマネージャー

sales@wiseguyreports.com

Ph:+ 1-646-845-9349(米国)

Ph:+44 208 133 9349(イギリス)

輸送管理ソフトウェア市場2020-世界の産業分析、主要プレーヤー別、セグメンテーション、傾向および2026年までの予測

概要:
WiseGuyReportsでは、「グローバルトランスポートマネジメントソフトウェア市場の今後のトレンド、成長ドライバー、課題を発見する」というタイトルの新しい市場調査が取り上げられています。
前書き
グローバル輸送管理ソフトウェア市場
このレポートは、種類、アプリケーション、主要企業、主要地域ごとに、トランスポート管理ソフトウェア市場の包括的な概要、市場シェア、成長機会を示しています。

この調査では、以下のセグメントの販売から生成されたトランスポート管理ソフトウェアの価値を検討します。
タイプ別のセグメンテーション:セクション2.3の2015年から2020年までの内訳データ。セクション10.7で2025年まで予測します。
クラウドベース
オンプレミス

@無料サンプルレポートを入手するトランスポート管理ソフトウェア業界市場2020 https://www.wiseguyreports.com/sample-request/5133406-global-transport-management-software-market-growth-status-and-outlook-2020-2025
特別な要件がある場合はお知らせください。必要に応じてレポートを提供します。

アプリケーションによるセグメンテーション:セクション2.4の2015年から2020年までの内訳データ。セクション10.8で2025年まで予測します。
物流と輸送
製造
商業の
小売

このレポートは、市場を地域ごとに分割しています。第4章、第5章、第6章、第7章、第8章の内訳データ。
アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
ブラジル
APAC
中国
日本
韓国
東南アジア
インド
オーストラリア
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
英国
イタリア
ロシア
中東およびアフリカ
エジプト
南アフリカ
イスラエル
七面鳥
GCCの国

レポートは、市場の競争状況と、市場の主要なベンダー/メーカーの対応する詳細な分析も示します。このレポートで取り上げられている主要メーカー:第3章の内訳データ。
•MercuryGate
•トランスプレイス
•Oracle
•MPO
•デカルト
•JDAソフトウェア
•BluJayソリューション
•SAP
•3GTMS
•セラシス
•トリンブル
•Allotrac
•1つのネットワーク
•インフォア
•目の貨物
•Kuebix
•マンハッタンアソシエイツ

さらに、このレポートでは、市場の成長、機会、課題、および主要企業と市場全体が直面するリスクに影響を与える主要な要因について説明します。また、主要な新たな傾向と、現在および将来の開発への影響についても分析します。

調査目的
主要な地域/国、タイプとアプリケーション、2015年から2019年までの履歴データ、および2025年までの予測ごとに、世界的な輸送管理ソフトウェアの市場規模を調査および分析します。
さまざまなサブセグメントを識別することにより、トランスポート管理ソフトウェア市場の構造を理解する。
重要なグローバルトランスポート管理ソフトウェアプレーヤーに焦点を当て、価値、市場シェア、市場競争の展望、SWOT分析、今後数年間の開発計画を定義、説明、分析します。
個々の成長傾向、将来の展望、および市場全体への貢献に関して輸送管理ソフトウェアを分析します。
市場の成長に影響を与える主要な要素(成長の可能性、機会、ドライバー、業界固有の課題とリスク)に関する詳細情報を共有する。
主要地域(およびそれぞれの主要国)に関連して、輸送管理ソフトウェアサブマーケットの規模を予測する。
市場での拡張、契約、新製品の発売、買収などの競争の進展を分析する。
主要なプレーヤーを戦略的にプロファイルし、その成長戦略を包括的に分析する。

トランスポート管理ソフトウェア市場2020に関する任意のクエリを尋ねる2020サイズ、共有、需要 https://www.wiseguyreports.com/enquiry/5133406-global-transport-management-software-market-growth-status-and-outlook-2020-2025

グローバル輸送管理ソフトウェア市場の主要なポイント
1レポートの範囲
2エグゼクティブサマリー
3プレーヤーによるグローバル輸送管理ソフトウェア
4地域別輸送管理ソフトウェア
9市場のドライバー、課題と動向
10グローバル輸送管理ソフトウェア市場予測
11の主要なプレーヤーの分析
12調査結果と結論

私たちに関しては:
Wise Guy ReportsはWise Guy Research Consultants Pvtの一部です。 Ltd.は、世界中の業界や政府向けに、プレミアムプログレッシブ統計調査、市場調査レポート、分析および予測データを提供しています。
お問い合わせ:
ノラトレント
sales@wiseguyreports.com
Ph:+ 1-646-845-9349(米国)
Ph:+44 208 133 9349(イギリス)