次の10年で収益の伸びが高まるのを目撃するためのシュリンクバッグ市場

Persistence Market Researchは、シュリンクバッグ市場のさまざまな側面をグローバルな観点から分析し、「シュリンクバッグ市場:グローバル産業分析(2012-2016)および予測(2017-2025)」というタイトルの新しい研究出版物で巧みに提示しました。 広範なシュリンクバッグ市場調査レポートは、地域分析、競争力のあるシナリオおよび予測とともに、世界のシュリンクバッグ市場の成長に影響を与えるさまざまな傾向、機会、推進要因および制約をカバーしています。この分析は、アナリストがさまざまな市場のダイナミクスに関して意見を述べたことに基づいて、グローバル市場の各セグメントとサブセグメントに焦点を当てています。この調査レポートは、ビジネスに付加価値をもたらす可能性のある定性的および定量的なインプットの提示に焦点を当てています。

競合他社の「先を行く」ために、サンプルをリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/samples/21703

シュリンクバッグ市場

世界のシュリンクバッグ市場:予測のハイライト

世界のシュリンクバッグ市場は  、2017年から2025年の評価期間中に、5.3%のCAGR値で成長すると予想されています。 市場は、2017年の2,995.5百万米ドル の価値から、評価年(2025年)の終わりまでに 4,539.6百万米ドルの評価に達すると推定されて います。

世界のシュリンクバッグ市場:成長に影響を与えるダイナミクス

世界のシュリンクバッグ市場の成長に影響を与える要因には、販促品としてのシュリンクバッグの需要の増加、製品の貯蔵寿命の延長に役立つシュリンクバッグの人気の増加、食品業界でのシュリンクバッグの使用の増加、広範な使用が含まれます代替バリア材料の採用、多層構造シュリンクバッグ(強度、安全性、耐性の向上を提供)の優先度の向上、小売業界での成長の増加、優れたバリア特性によるEVOH材料の採用の増加、食品の安全性と衛生に関する懸念の高まり、優先度の向上したがって、バリアフィルム技術の開発により、パックされた肉製品の販売とさまざまな用途でのシュリンクバッグの使用の増加が見られます。

営業担当者に連絡するには@sales@persistencemarketresearch.com

世界のシュリンクバッグ市場:主要なセグメント分析

世界のシュリンクバッグ市場は、バリアの種類、製品の種類、材料の種類、厚さ、用途、地域に基づいて分割されています。

  • バリアの種類別では、高バリアセグメントは、市場価値と成長率の面で世界市場をリードすると予想されます 
  • 製品タイプ別では、 サイドシールシュリンクバッグはさまざまな用途で広く使用されています。したがって、サイドシールされたセグメントは収益性の高いセグメントであり、20億米ドルを超える値に達すると推定さ  れ、予測期間中に比較的高いCAGRで成長すると予測されています。
  • 材料の種類ごとに 、PEセグメントは高い価値と大きな成長率を反映する態勢を整えています。このセグメントは、今後数年間で世界市場を支配すると予想されます
  • 厚さでは、優先度が高くなる ため、50〜70ミクロンのセグメントが最も収益性が高くなります。 このセグメントは、評価期間を通じて5.8%の高い値のCAGRで成長すると予測されてい ます
  • アプリケーションによって 、食品および電子機器のセグメントは、シュリンクバッグ市場の成長に大きく貢献すると予想されます
  • 地域別では、アジア太平洋地域がいくつかの最終用途でのシュリンクバッグの採用に関して最も魅力的であり、ヨーロッパがそれに続きます 

世界のシュリンクバッグ市場:競争力のある評価

世界のシュリンクバッグ市場調査レポートには、シュリンクバッグの日常業務に関与する主要企業の企業プロファイルが含まれています。Bemis Company、Inc.、Kureha Corporation、Sealed Air Corporation、Winpak Ltd.、Flexopack SA、Coveris Holdings SA、PREMIUMPACK GmbH、Schur Flexible Group、BUERGOFOLGmbH、Allfo Vakuumverpackungen Hans Bresele Kg、Kuplast、Spektar doo、Atlantis-Pak Co. Ltd.、Inauen Group、GAP Srlは、世界的なシュリンクバッグの調査研究で分析された主要なプレーヤーです。

 詳細な競合分析については、今すぐ購入@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/21703

会社紹介:持続性市場調査

お問い合わせ:
サステナビリティ市場調査
住所 -1-2-1 Kinsey
アルカセントラルビル14 / F
東京、130 -0013
日本
18888633700
営業 – sales@persistencemarketresearch.com