がん免疫療法市場分析、市場状況、競争・企業、成長機会、主要企業、2027年の予測

 

 

市場ハイライト

世界の がん免疫療法市場 は、今後非常に高い成長率で成長を見込んでいます。これは、異なるタイプの癌に罹患している患者の増加によるものです。世界で約100種類の異なる種類のがんが登録されています。そして、治療の面では、限られた数の治療法が市場で利用可能です。がん免疫療法は、その様々な利点のために、今後の巨大な発展を期待しています。免疫療法は、他の利用可能な治療法よりも効果的であり、より少ない副作用を有する。世界中のがん人口の増加は、健康基準の低下、 すなわち ミレニアル世代の喫煙とアルコール摂取量の増加が肺癌および肝臓癌の増加につながっている直接的な結果である。これは、市場の発展のための燃料を提供しています。承認のための長い時間, 高い治療コストと多くの副作用は、市場の成長を妨げる可能性があります。.

2016年の世界のがん免疫療法市場は360億米ドルと評価されました。これは、2017年から2023年までの予測期間中に14.8%のCAGRで成長すると予想されています。世界の免疫療法市場は、2023年末までに1,016億米ドルに達する見込みです。

無料のリクエストサンプル: https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/567

地域分析

地域ベースでは、世界の免疫療法市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東およびアフリカなど、世界の主要地域について分析されています。

北米は、巨大な技術進歩と治療の手頃な価格のために市場の主要な貢献者です。その他にも、医療分野の確立と支出の充分な額は、この地域に多くの製造業者を引き付けています。

ヨーロッパは、がんなどの疾患の治療に関する様々な政府機関の焦点が高まっている結果、世界のがん免疫療法市場で2番目に大きなシェアを占めています。

アジア太平洋地域における医療インフラの整備、医療費の増加、一人当たりの所得の増加により、この地域は最も急成長している地域となっています。

中東とアフリカは、他の地域と比較して比較的低い市場シェアを持っています。

 

セグメンテーション

世界のがん免疫療法市場は、エンドユーザー別に、適用によって、治療タイプに基づいてセグメント化されています。

型に基づいて、モノクローナル抗体、養子細胞移動、サイトカイン、治療ワクチン、カチルス・カルメット・ゲリンなどに分けられます。モノクローナル抗体はさらに裸のモノクローナル抗体、共役モノクローナル抗体、および二重特異性モノクローナル抗体に分けた。サイトカインはさらにインターフェロン、インターロイキンにセグメント化されています。適用に基づいて、それは肝臓癌、小児癌、大腸癌、胃癌、肺癌および他のものに区分される。エンド ユーザーに基づいて、病院、診療所などに区分されます。

 

主なプレーヤー

市場の主要なプレーヤーのいくつかは、F.ホフマン・ラ・ロシュAG、メルク・アンド・カンパニー、ノバルティス・インターナショナルAG、グラキソ・スミスクライン・Plc、アムジェン社、ブリストル・マイヤーズスクイブ、ELIリリー・アンド・カンパニー、セルジーン・コーポレーション、シアトル・ジェネティクス社、スペクトラム・ファーマシューティカルズ・インクです。

 

完全レポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/global-cancer-immunotherapy-market-567を参照する

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です