水曜日, 5月 25

2019-2029年の間に〜6%のCAGRで粘り強いノートで成長するアーク溶接装置市場

アーク溶接装置の世界的な売上高は2018年に約160万(ユニット)に達し、PMRによるアーク溶接装置市場に関する最新のレポートを明らかにします。 PMRの分析によると、世界のアーク溶接装置市場は2019年と2029年の予測期間中に最大6%のCAGRを記録すると予測されています。自動車および輸送、エネルギー、建設などのいくつかの最終用途産業からのアーク溶接製品の需要の高まり予測期間中にアーク溶接装置市場の成長に拍車をかけると推定されます。包括的な調査と詳細な調査によると、住宅およびインフラストラクチャプロジェクトの数の増加と、鉄道や道路を含む公共交通機関の改善は、世界のアーク溶接市場の大幅な成長につながると予想されます。ガスメタルアーク溶接(GMAW)やガスタングステンアーク溶接(GTAW)などのさまざまなアーク溶接技術が自動車業界で広く使用されています。市場の成長は、自動車の需要の高まりと相まって、競争力のあるアーク溶接手順を必要とする自動車の設計を進化させることによってさらに推進されると予想されます。

競合他社の「先を行く」ために、サンプルをリクエストしてください@
https://www.persistencemarketresearch.com/samples/16864

さらに、政府の開発プログラムの一環として開始されたいくつかの大規模なインフラストラクチャプロジェクトは、国際的な足場でのアーク溶接装置市場の成長の主要な推進力として浮上すると予想されます。世界のアーク溶接装置市場は、2019年に約50億米ドルの収益に達すると推定されており、2029年末に向けて目覚ましい成長を遂げると予想されています。
中核産業部門は依然として主要な収益創出チャネルである
近い将来、開発途上地域で計画されているメガインフラプロジェクトと相まって、建設活動のための設備投資の増加は、推定期間にわたってアーク溶接装置の販売を促進すると予想されます。コア産業部門への横行投資は、予測期間を通じてアーク溶接装置とガスの需要を促進すると予想されます。
被覆アーク溶接(SMAW)またはより一般的にスティック溶接技術として知られているものは、今日の市場で最も古いアーク溶接方法ですが、さまざまな用途向けに開発された他のアーク溶接技術にもかかわらず、驚くほど最大の市場シェアを保持しています。すぐ後に続く他の溶接技術は、フラックス入りアーク溶接(FCAW)、プラズマアーク溶接(PAW)、およびガスメタルアーク溶接(GMAW)です。高度にカスタマイズされた特定の溶接作業では、ガスタングステンアーク溶接(GTAW)が必要です。これは、簡単に自動化できないため、専門のアーク溶接の経験豊富な担当者が必要です。
溶接作業者は、半自動アーク溶接装置が手動および自動アーク溶接装置と比較してより経済的かつ効率的であると感じています。したがって、半自動アーク溶接の需要の増加は、世界のアーク溶接装置市場の成長を促進すると推定されます。 TIG(タングステンイナートガス)、MIG(メタルイナートガス)などの半自動アーク溶接装置、およびフラックス入りアーク溶接装置は、次のような最終用途産業の成長により、中東およびアフリカ市場で勢いを増しています。建設、エネルギー、自動車、および石油とガス。

この市場に関する重要な洞察については、こちらの専門家に質問してください@
https://www.persistencemarketresearch.com/ask-an-expert/16864

技術とガス使用量によって決定される新興市場の動向
アーク溶接作業でシールドの目的でヘリウムを利用することは有益だったかもしれませんが、その高価格と希少性により、世界中のさまざまな経済圏でヘリウムの使用が不均一になっています。ヘリウムの使用は、天然ガスが豊富な国で特に普及しており、販売価格の大幅な引き下げにつながります。米国、カタール、アルジェリアは、世界のヘリウム総生産量の約75%を生産している主要国です。そのような国では、ヘリウムは1トンあたり約30,000米ドルで販売されていますが、他の国では1トンあたり75,000米ドルに達する可能性があります。最近終了した米国政府のオークションでヘリウム原油価格が前年比135%上昇したため、最近のヘリウム価格のインフレも懸念材料となっています。
アーク技術による金属溶接作業用のシールドガスの選択に関しては、不活性ガスが他のガスと比較してリストの上位にあります。ヘリウムとアルゴンは、アーク溶接技術で使用される2つの最も一般的な不活性ガスですが、ヘリウムの価格が高いため、溶接作業者はシールド目的でアルゴンを選択する必要があります。その低価格は、有利なシールド特性と相まって、現在および将来のアーク溶接装置およびガス市場におけるアルゴンの優位性に影響を与える可能性があります。
アーク溶接装置市場:ベンダーの洞察
Persistence Market Researchの事業分析では、アーク溶接装置市場の競争構造とプロの典型的なアプローチに関する豊富な洞察も強調されています。

著名な市場のプレーヤー。世界のアーク溶接装置市場はかなり細分化されており、主要企業が市場全体の43%未満を占めていると推定されています。世界の競争市場で特定されている主要企業には、ダイヘンコーポレーション、リンカーンエレクトリックカンパニー、コルファックスコーポレーション、小原グループインク、イリノイツールワークスインク、現代溶接株式会社、フロニウスインターナショナルGmbH、パナソニックコーポレーション、ケンピオイがあります。 。

詳細な競合分析については、今すぐ購入@
https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/16864

私たちに関しては
Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を付加するためのパーソナライズされた顧客インタラクションを経た後、適切なフィードバックの収集に従事します。可能な限り最高のリターンが保証されています。
お問い合わせ:
永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、
NY10007アメリカ合衆国
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。