明示的に成長するマルチプレックス検出イムノアッセイ市場

多重検出免疫アッセイ市場は今後数年間で止められない速度で成長すると予想されます。環境衛生が懸念される中、公共交通機関のネットワーク、電力供給、廃棄物の保管から生態系のバランスの監視に至るまで、すべてがIoTとAIによって取り上げられています。したがって、「スマートシティ」には、今後数年間で「スマートエンドユーザーソリューション」が登場すると推測できます。

世界の マルチプレックス検出イムノアッセイ市場 は、2019 年末までに20 米ドル を超えると評価され、予測期間(2019〜 2029年)に健全なCAGRを示すと予想されてい ます。迅速でサンプル消費量が少なく、費用対効果の高い機能は、マルチプレックス検出イムノアッセイ市場を新たな高みへと駆り立てるラボオンチップテクノロジーによって提供されます。

ラボ・オン・チップのtechnologを有するいくつかの多重検出イムノアッセイ製品は、yは 、甲状腺障害の定量的試験のために市場で現在利用可能です。たとえば、3Dマイクロ流体チップは、環境、臨床、および生物医学のアプリケーションのマルチプレックスバイオアッセイで使用されます。

マルチプレックス検出イムノアッセイ市場への洞察が必要ですか?サンプルをお願いします! https://www.persistencemarketresearch.co/samples/11542

会社概要

  • バイオ・ラッド・ラボラトリーズ・インク。
  • サーモフィッシャーサイエンティフィック
  • EMDミリポア(メルクKGaA。
  • ベクトン、ディキンソンアンドカンパニー。
  • Microsynth AG
  • Quansys Biosciences Inc
  • QIAGEN NV
  • F.ホフマン-ラロシュ株式会社
  • ダナハー株式会社。
  • Luminex Corporation

重要なポイント–マルチプレックス検出イムノアッセイ市場調査

  • 最小の定量化と全体的な反応時間の短縮により、予測期間中に平面ベースのマルチプレックス検出イムノアッセイの需要が2倍になると予想されます。
  • 技術タイプの中で、タンパク質ベースはマルチプレックス検出イムノアッセイ市場の大部分を保持すると予想されます
  • 疾患の素因と薬効の研究への注目が高まっているため、研究開発は多重検出イムノアッセイ市場で大きな市場シェアを獲得することが期待されています
  • 北米は、いくつかの地域市場のプレーヤーと十分に開発されたヘルスケア インフラストラクチャの出現により、マルチプレックス検出イムノアッセイ市場で重要な収益源になると予想され ます
  • エンドユーザーの面では、製薬会社は収益の面で多重検出イムノアッセイ市場を支配すると予想されます

マルチプレックス検出イムノアッセイ市場における決定的なメモで戦略を結論付けることを計画していますか?暗示される「方法論」を一瞥してください! https://www.persistencemarketresearch.co/methodology/11542

従来のELISAよりもマルチプレックス検出イムノアッセイの採用が増えていることや、第2世代マルチプレックスイムノアッセイなどの技術の進歩により、マルチプレックス検出イムノアッセイ市場の成長が促進されています。

マルチプレックス検出イムノアッセイ市場の成長に拍車をかけるためのナノアレイへの注目の高まり

マルチプレックス検出イムノアッセイ市場の成長に影響を与えることが観察された重要な要因の1つは、ナノアレイなどの新しく革新的なアレイの開発です。過去数年の間に、平面ベースの多重検出イムノアッセイは、臨床診断および食品汚染検出のための好ましい方法として浮上してきました。

ナノサイエンスの重要な発展により、ナノマルチプレックス検出イムノアッセイアレイが次のレベルに引き上げられました。これは、従来のマイクロアレイの超小型化バージョンを表しています。

高度なナノアレイ技術の開発により、薬物スクリーニングプロセスはより迅速で時間効率が良くなりました。これらのナノアレイは、少量のサンプルを必要とするため、プロテオミクスの分野でも使用されています。

たとえば、BioForce Nanosciencesは、1,500種類の分析物を測定できるBioForceNanoArrayを発売しました。したがって、ナノマルチプレックス検出イムノアッセイアレイの開発は、マルチプレックス検出イムノアッセイ市場の成長に有利に働くことが期待されます。

投資する前に、マルチプレックス検出イムノアッセイ市場を推進する製品/技術を知ってみませんか?マルチプレックス検出イムノアッセイ市場レポートの「今すぐ購入」ボタンをクリックしてください! https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/11542

レポートについてもっと知る

マルチプレックス検出イムノアッセイ市場、パーシスタンスマーケットリサーチからの新しい研究は、2014年から2018年の間のマルチプレックス検出イムノアッセイ市場の進化に関する比類のない洞察を提供し、  2019年から2029年の 間の需要予測を提示します  アッセイの種類(平面アッセイ、ビーズベースのアッセイ)、技術(核酸ベースの技術、タンパク質ベースの技術、およびバイオセンサーベースの技術)、アプリケーション(疾患試験、食品汚染試験、研究開発、および獣医病検査)、および主要地域(北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、南アジア、東アジア)にわたるエンドユーザー(製薬会社、臨床研究機関、食品および飲料会社、学術研究機関、診断センター、およびバイオテクノロジー会社) 、オセアニアおよびMEA)。

私たちについて:- 永続性市場調査

お問い合わせ:

パーシ
スタンスマーケットリサーチアドレス– 305 Broadway、7th FloorNew York City、
NY 10007 United States
U.S. Ph。– + 1-646-568-7751
USA-Canadaフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス – sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト – https://www.persistencemarketresearch.com

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です