予測期間中に高められた成長機会を記録する世界のもち米市場

もち米市場展望:

もち米はもち米で広く知られており、東南アジアと南アジアの東部地域の株式です。もち米は非常に低いアミロースと高いアミロペクチン含有量により、粘着性の質感を持っており、地方では少ないが、栄養価は比較的高いです。もち米を炊くもち米が出厚く半透明でコシのある食感を与えます。

もち米は、体に必要なミネラルやビタミンが豊富で、様々な健康上の利点を提供しています。もち米の健康上の利点には、糖尿病を調節して、慢性疾患を抑制し、消化を改善し、炎症を軽減する能力があります。もち米はまた、組織の抗酸化保護を提供し、フリーラジカルによる損傷から細胞を保護する貴重な鉱物であるセレンの供給源として機能します。また、もち米はビタミンB-5と銅のような他の必須栄養素が少量含まれています。ビタミンB-5は、代謝を増加させ、エネルギーを生成し、ホルモンのバランスを維持するためにホルモンの合成を助けます。もち米の銅は、結合組織を強く維持し、免疫システムをサポートし、健康な脳機能を促進します。

https://www.persistencemarketresearch.com/samples/23881でこのレポートのサンプルコピーを入手してください。 

様々な食事でニッチ市場を開拓するもち米

米は主要な食糧の一つであり、世界の農村人口と食糧安全保障をサポートします。農業や非農業部門の労働者の場合、米はインドのようないくつかの国では賃金の商品に使用されます。もち米は東南アジアと南アジアの東部地域の株式です。もち米市場の中核同人はもち米が、ほとんどの消費者が好きな穀物の一つであるため、成長するファストフード業界のレストランです。人口増加と食料消費の増加により、もち米の需要も増加しています。国民の健康に対する認識が高まるにつれ、もち米は、低脂肪とかなりの量の食物繊維を含有しており、需要が増加しています。だけでなく、

もち米:市場細分化

もち米市場は、自然に基づいて次のように細分化された。

  • 本質的な
  • 伝統的な

もち米市場は規模に応じて、次のように分類されます。

  • 団粒
  • ロンググレイン

タイプに応じて、もち米市場は次のように分類された。

  • 白米
  • 玄米もち米
  • 黒もち米

流通チャネルに基づいてもち米市場は次のように分類された。

  • 直接
  • 間接販売
  • 店頭ベースの小売
  • 大型マート/スーパーマーケット
  • コンビニ
  • 独立小型食料品
  • オンライン小売

目次リクエスト@  https://www.persistencemarketresearch.com/toc/23881

もち米市場:競争構図

バリューチェーンで識別されたグローバルもち米市場のいくつかの市場参加者の例は次のとおりです。

  • (株)ブラ・パップロスフォード
  • カメラ携帯電話運転米粉
  • コーダ農場
  • タイの小麦粉工業株式会社
  • ボブズレッドミルナチュラルフード

会社紹介:

Persistence Market Researchは、常に時代の先を行きます。つまり、会社/顧客が市場にこっそり進入するずっと前に、会社/顧客の靴に足を踏み入れドロップして、市場のソリューションをテーブル化します。Persistence Market Researchの専門家がフォローしている積極的なアプローチは、企業/顧客が事前に技術-商業洞察を得ることができるようしてフォローアップのプロセスを簡素化することができるようにします。

お問い合わせ:

持続性の市場調査

305ブロードウェイ7階

ニューヨーク、NY 10007

米国

電話番号 + 1-646-568-7751

メール ID-sales@persistencemarketresearch.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です