肥満手術市場機会の評価と業界拡大戦略2025

Market Research Future(MRFR)の最新の調査レポートによると、世界の肥満手術デバイス市場は2025年までに24億米ドルの強力な評価に達すると予想されています。 世界の肥満手術装置市場は、2019年から2025年までの予測期間にわたって堅実な5.9%のCAGRを示すと予想されています。 このレポートでは、世界の肥満手術装置市場に影響を与える主要な要因と制約の詳細なレビューと、世界の肥満手術装置市場で事業を展開している主要なプレーヤーの包括的な概要を示しています。 世界の肥満手術装置市場に対するCOVID-19パンデミックの影響も報告書で評価されています。

低侵襲性肥満手術を可能にする外科用ツールの開発の増加は、世界の肥満手術デバイス市場の主要なドライバーになる可能性があります。 慣習的なbariatric外科はきたない事件である場合もある。 但し、最小限に侵略的な議定書の開発と、bariatric外科はプロセスによって作成される混乱を減らすなめらかで、滑らかな方法で行うことができる。 これは、予測期間にわたって世界の肥満手術装置市場の主要な推進力であり続ける可能性があります。

競争力のあるリーダーボード:
世界の肥満手術装置市場の主要なプレーヤーには、Spatz FGIA Inc.が含まれます。、アスパイアバリアトリクス、トランセンテリックスサージカル株式会社。、メディフレックスサージカルプロダクツ、オリンパス株式会社、リシェイプライフサイエンス株式会社、ジョンソン-エンド-ジョンソン-サービス株式会社(Johnson&Johnson (株)イントゥイティ-サージカルズ 株式会社アポロエンドサージャリー、およびメドトロニック。 世界の肥満手術装置市場の主要なプレーヤーは、このセグメントが今後数年間で需要の増加を示す可能性が高いため、予測期間中に低侵襲肥満手術装置の開発に焦点を当てる可能性があります。

完全な詳細なTOCとレポートのサンプルを取得します。https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5693

セグメンテーション:
世界の肥満手術装置市場は、タイプ、手順、最終用途、および地域に基づいてセグメント化されています。

タイプ別に、世界の肥満手術装置市場は、低侵襲手術装置と非侵襲手術装置にセグメント化されています。 最小限に侵略的な外科装置区分はステープルで綴る装置、エネルギー/容器のシーリング装置、縫合装置および付属品に更に細分されます。 低侵襲手術装置は、世界の肥満手術装置市場で支配的なシェアを保持し、予測期間にわたってより高い成長率で成長する可能性があります。 低侵襲手術装置セグメントは2018年に15億米ドルと評価されました。

手順によって、世界の肥満手術装置市場は、スリーブ胃切除術、胃バイパス、改訂手術、調整可能な胃バンドなどに分割されています。

最終用途によって、世界の肥満手術装置市場は、病院、専門センター、外来手術センターなどに区分されています。 病院部門は、世界の肥満手術装置市場で最大のシェアを保持しており、予測期間にわたって支配的なセグメントを維持する可能性があります。

何か質問がありますか? 私達の研究の専門家24*7と接続して下さい:https://www.marketresearchfuture.com/enquiry/5693

地域分析:
アメリカは、世界の肥満手術装置市場で最大のシェアを保持し、次いでヨーロッパです。 アジア太平洋地域は世界市場で第三位のシェアを保持していますが、肥満の有病率の高まりとアジア太平洋地域の肥満手術に関する意識の高まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です