Dravet症候群市場規模2023、業界の成長率、トップ企業、主要地域

市場の概要
世界のDravet症候群市場は、2017年から2023年までの8.5%CAGR(予測期間)で評価を拡大すると予想されています。 研究開発(R&D)と新しい治療法の開発のための医療費の増加は、市場の成長を促進することが期待される主な要因です。 その他の主要な要因には、希少疾患の補償、規制枠組みの改善、患者の満たされていない医療ニーズを提供する償還政策が含まれます。

低所得国および中所得国における薬物の悪影響、疾患の認知度の低さ、および医療計画の低さは、市場の成長を妨げる可能性のある制約の一部です。

セグメンテーション
世界のDravet症候群市場は、発作の種類、診断、治療と管理、およびエンドユーザーに基づいてセグメント化されています。

発作のタイプに基づいて、それはミオクローナル発作、無緊張発作、部分発作、不在発作、強直間代発作、感光性発作などに分類される。

診断に基づいて、磁気共鳴画像法(MRI)、脳波検査(EEG)、SCN1A検査などとして区分される。

治療と管理に基づいて、市場は発作薬、ケトゲン食、迷走神経刺激(VNS)などに区分されています。 発作薬のセグメントは、さらにクロバザム、stiripentol、バルプロ酸ナトリウム、および他のものに分類されます。

エンドユーザーに基づいて、世界のDravet症候群市場は、製薬会社、病院、診断研究所、学術および研究機関などに分割されています。

完全な詳細なTOCとレポートのサンプルを取得します。https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5509

地域分析
アメリカ、ヨーロッパ、中東-アフリカ(MEA)、およびアジア太平洋(APAC)は、地域別の主要なセグメントです。

米州は、患者の福祉のために地域の政府による医療予算の増加により、2023年まで世界市場を支配すると推定されています。

多数のプレイヤーの存在と進行中の臨床試験による薬物の継続的な開発は、この地域の他のドライバーです。

一方、欧州は、政府による研究開発の支援や、既存の償還保険政策を改善するための取り組みにより、大規模な需要を享受することができます。

APAC地域は、医療技術の発展、受託研究機関による医薬品開発、および大規模な患者プールのために最速の成長を目撃する可能性があります。 大規模な医療費は、この地域の世界的なDravet症候群市場の成長の指標です。 オーストラリア保健福祉研究所によると、オーストラリアの医療費は170.4億2015-2016であった。

MEA地域は、医療インフラの貧弱さと患者の意識の低さのために鈍い成長を示す可能性があります。

何か質問がありますか? 私達の研究の専門家24*7と接続して下さい:https://www.marketresearchfuture.com/enquiry/5509

競争の展望
オヴィッド・セラピューティクス(OVID Therapeutics、Zogenix,Inc,Biocodex,Biscayne Neurotherapeutics,武田薬品工業株式会社,Sage Therapeutics,Xenon Pharmaceuticals,INSYS THERAPEUTICS,INC.,Epygenix Therapeutics,Inc.、Thermo Fisher Life Technologies、PTC Therapeutics、GW Pharmaceuticals、plc、およびCyberonics,Inc. 世界のDravet症候群市場で最大のプレーヤーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です