駐車場管理、 地理的セグメント分析インサイト 調査未来のマーケティング&成長 マーケティング&成長産業、テクノロジーインサイトバリュー、競争環境予測2027年

市場シナリオ:

情報通信技術業界のレポートは、市場拡大の選択肢を強調するマーケットリサーチフューチャーによって作成されています。12%のCAGRの支援を受けて、2023年までに70億米ドルを達成する見込みです。

 

道路上の車両の数と相関する駐車スペースの必要性は、駐車場管理2020を燃料とすることが期待されています。

交通問題を減らす必要性は、今後の期間に駐車場管理市場の勢いを生み出すと予想されます。都市部への接続性を改善する必要性は、今後数年間で駐車場管理市場の発展を導くと推定されています。さらに、都市計画への焦点の増加は、予測期間中の駐車場管理市場に利益をもたらすと推定されています。

 

無料サンプル @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/3232リクエスト

競争の見通し:

駐車場管理市場の有名な企業は、カプシュ ・トラフィックコム AG(オーストリア)、シーメンスAG(ドイツ)、T2システムズ社(米国)、アマノコーポレーション(日本)、ゼロックスコーポレーション(米国)、スワルコAG(オーストリア)、キュービックコーポレーション(米国)、インディゴ社(米国)、インディゴ(フランス)、スキーAGDATA(フランス)、オーストリア

 

セグメンテーション:

駐車場管理市場の区分的な評価は、コンポーネント、垂直、駐車場の種類、ソリューション、および地域にセグメント化されています。駐車場の種類のモードに基づいて、駐車場管理市場は路上駐車とオフストリートにセグメント化されています。コンポーネントのモードに基づいて、駐車場管理市場はソフトウェアとサービスにセグメント化されています。ソリューションのモードに基づいて、駐車場管理市場は、セキュリティ&監視、アクセス制御、駐車料金&収益管理、駐車料金&収益管理、バレーパーキング管理、駐車場のガイダンス&スロット管理などにセグメント化されています。垂直のモードに基づいて、市場はレクリエーション、ヘルスケア、BFSI、企業&商業公園、政府、ホスピタリティ、アカデミア、小売、交通機関などにセグメント化されています。地域に基づき、駐車場管理市場はアジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、その他の地域で構成されています。

 

地域分析:

駐車場管理市場の地域的な調査には、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、その他の地域が含まれます。 調査対象地域の中で、北米地域は、この地域における駐車場管理と技術の進歩の早期導入により、最も重要な駐車管理市場シェアを占める見込みです。北米地域はヨーロッパ地域にわずかに続き、今後数年間で大幅な成長が見込まれています。アジア太平洋地域市場は、最近人口増加の問題を抱えている中国やインドなどの国々の発生により、駐車場管理市場での開発の大きな機会を占めています。さらに、スマートシティプロジェクトへの投資の増加は、この地域の駐車場管理市場に追加されると予想されます。

業界ニュース

世界の駐車場市場規模レポート市場動向は、地域全体のロックダウンのために影響を受けています。このパンデミックの状況は、駐車場市場規模レポート市場の成長だけでなく、その生産性、サプライチェーン、および他を妨げている。また、商品、供給、輸送、労働力などの損失が増大しているため、世界市場は投資家を失っています。しかし、その間、主要市場のプレーヤーは、世界市場の成長を後押しするために様々な戦略的手法を暗示してきました。したがって、世界市場の需要を満たすために、世界市場は、その意図された顧客のためのより価値のある製品を生産するスピードを高めました。最近、世界市場は世界市場での地位を安定させており、予測期間の駐車場市場規模の高いレポート市場規模を登録する見込みです。

レポートの詳細の全覧https://www.marketresearchfuture.com/reports/parking-management-market-3232

 

目次:

1          エグゼクティブサマリー

2          報告書の範囲

市場    定義

2.2       研究の範囲

2.2.1    研究目的

2.2.2    前提と制限

2.3       市場構造

続けた。。。。

続きを読む: https://infocommunoicationtechnology.blogspot.com/2021/06/mobile-security-software-market.html

続きを読む: https://pranali-ubella.medium.com/global-antivirus-software-market-structure-along-with-production-capacity-estimates-production-df015efcc559

 

 

市場調査の将来について:

マーケットリサーチフューチャー(MRFR)では、調理調査レポート(CRR)、中途半端な研究レポート(HCRR)、生研究レポート(3R)、連続飼料研究(CFR)、市場調査&コンサルティングサービスを通じて、お客様がさまざまな業界の複雑さを解明することを可能にします。

 

接触:

市場調査の未来

オフィスNo.524/528、アマナチャンバー

マガルパッタロード、ハダプサル

プット – 411028

マハラシュトラ州(インド)

+1 646 845 9312

電子メール: sales@marketresearchfuture.com

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です