航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場 分析、規模、シェア、成長、動向、予測 2027

主なプレーヤー

世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場の主要なプレーヤーは、国際航空運送協会(IATA)(カナダ)、アダセル・テクノロジーズ・リミテッド(オーストラリア)、グローバルATS Ltd(英国)、エダ・システムズAS(ノルウェー)、NATSリミテッド(米国)、アドバンスト・シミュレーション・テクノロジー・インク(米国)、サーブAB(スウェーデン)、テルン・システムズ(アイスランド)、EIZOコーポレーション(米国)、UFA(米国)です。

 市場ハイライト

ATC シミュレーションとトレーニングは、地上での航空機運用の最適化に役立ちます。ATC技術は、市場の成長の重要な原動力である過去数年間で様々な進歩を目撃しました。さらに、この進歩により、既存のATC役員は、市場の成長を後押しすることが期待される新しい技術や規制に従って認定を更新することができました。

世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場は、トレーニングモジュール、コンポーネント、アプリケーション、地域に基づいてセグメント化されています。

トレーニングモジュールに基づいて、世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場は、通信システム、ナビゲーションシステム、監視システム、およびオートメーションシステムに分かれています。自動化システムセグメントは、航空業界の自動化の増加により、予測期間中に最高のCAGRを登録することが期待されています。これに加えて、機械学習や拡張現実などの技術が、セグメントの成長に貢献することが期待されています。

無料サンプルレポート @ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/8033

 コンポーネントに基づいて、世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場は、ハードウェアとソフトウェアに分割されています。ソフトウェアセグメントは、軍事および防衛インフラのデジタル化の増加により、市場の成長に大きく貢献すると推定されています。ATCソフトウェアは、セグメントの成長を促進することが期待されるシミュレーション演習中に効果的なリアルタイムデータ分析を提供します。さらに、ATCハードウェアの技術進歩には、トレーニング演習を行う効率的なソフトウェアが必要です。

アプリケーションに基づいて、世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場は、商業と軍事に分類されています。軍事セグメントは、様々な地域にわたる軍事インフラへの投資の増加により、予測期間中にCAGRの増加を目撃すると予想されます。さらに、様々な政府が防衛戦闘機や偵察機を取得しており、セグメントの成長を牽引することが期待されています。

地域をベースに、世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、および世界の他の地域にセグメント化されています。 北米市場が最大のシェアを占めており、予測期間中もその地位を維持する見込みです。米国は、ATCシミュレーションとトレーニング技術の研究開発に絶え間ない投資を目の当たりにしてきた主要国です。

世界の航空管制(ATC)シミュレーション&トレーニング市場調査レポート:トレーニングモジュール(通信システム、ナビゲーションシステム、監視システムおよびオートメーションシステム)、コンポーネント(ハードウェアおよびソフトウェア)、アプリケーション(商業および軍事)、地域(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他)別の情報 – 2027年までの予測https://www.marketresearchfuture.com/reports/air-traffic-control-simulation-training-market-8033

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です