サービスとしてのグローバルユニファイド市場シェア、グローバルトレンド、成長アプリケーション、グローバルステータスおよび主要メーカー分析レポート2021年から2027年

GL obalサービス市場としてのコミュニケーションを統合

Qualiketリサーチの提供詳細な分析、収入の詳細、およびサービス市場としてユニファイドコミュニケーションに関するその他の重要な情報、およびさまざまな動向、ドライバー、制約。サービス市場としてのユニファイドコミュニケーションに関するレポートの作成には、トップダウンとボトムアップのアプローチが採用されました。

サービス市場としてのグローバルユニファイドコミュニケーションは、 2019年に16.2米ドルと評価され、2027年までにCAGR 9.8%で259億米ドルに達すると予想されています。

サービスとしてのユニファイドコミュニケーションは、さまざまな通信およびコラボレーションサービスとアプリケーションがサードパーティプロバイダーにアウトソーシングされ、ネットワークを介して配信される配信モデルのモードです。これらのサービスには、エンタープライズメッセージング、テレフォニー、およびビデオ会議が含まれます。サービスとしてのユニファイドコミュニケーションは、コアビジネスタスクに柔軟性、可用性、およびスケーラビリティを提供します。これらのサービスは、コミュニケーションの合理化を通じてビジネスプロセスを改善するためにさまざまな組織で使用されています

ICTセクターは、無線および有線接続を含む電気通信で構成されています。ICTインフラストラクチャの開発は、情報の効果的な伝達が人的資本とインフラストラクチャの育成と同じくらい重要になっている現代のグローバル化した世界で不可欠になっています。貿易、防衛、その他の問題については、すべての国が相互に接続し続ける必要がありますが、個人消費者の間では、ICTセクターが非常に重要であるため、最近の調査では、ほとんどのミレニアル世代がインターネットへのアクセスを1つとしてランク付けしていることがわかりました。彼らのトップニーズの。これにより、過去数年間でICTセクターの重要性が大幅に高まっています。

このレポートのサンプルコピーをリクエストする@https ://qualiketresearch.com/request-sample/Unified-as-a-Service-Market/request-sample

 

ビジネスプロセスの改善のための大中小企業におけるサービスとしてのユニファイドコミュニケーションの需要の増加は、サービスとしてのユニファイドコミュニケーション市場の世界的な成長を後押しすると予想されます。さらに、モビリティとByodの使用の増加傾向は、サービスとしてのグローバルユニファイドコミュニケーション市場の成長にプラスの影響を及ぼします。さらに、通信セクターにおけるAI(人工知能)の展開の増加はサービス市場としてのグローバルな統合を推進することが期待されています。それに加えて、機密情報を保護するための安全な銀行によるプライベートクラウドモデルの採用の増加は、サービスとしてのグローバルなユニファイドコミュニケーション市場の成長を促進すると予想されます。

ただし、クラウドベースの展開に対するセキュリティとプライバシーの懸念は、サービスとしてのグローバルユニファイドコミュニケーション市場の成長を妨げると予想される主要な抑制要因です。

市場をよりよく理解するには、進歩を示すと予測されるマクロ経済およびミクロ経済の側面をより適切に処理する必要があります。これらの要因は、うまく導かれれば、急降下する曲線を寄せ付けずに、荒れた海を渡り歩くことによって、ターゲット市場を繁栄に導くことができます。リアルタイムデータを使用して、サービス市場としてのグローバルユニファイドコミュニケーションレポートは、人口統計学的可能性の詳細な全体像を提供すると予測されます。これは、主要なプレーヤーが成長機会を評価し、今後も市場に影響を与え続けるパラメーターを大幅に確立するのに役立ちます。年。

市場セグメンテーション

サービス市場としてのグローバルユニファイドコミュニケーションは、テレフォニー、ユニファイドメッセージング、コラボレーションプラットフォーム、会議などのコンポーネントによって、プライベートクラウドやパブリッククラウドなどの展開に分割されます。さらに、サービス市場としてのグローバルユニファイドコミュニケーションは、教育、自動車、BFSI、ヘルスケア、不動産、ホスピタリティ、IT&テレコミュニケーション、法務など業界に基づいてセグメント化されています

サービス市場としてのユニファイドコミュニケーションの評価と予測は、グローバルおよび地域ベースで研究さてきました。地域に基づいて、サービス市場としてのユニファイドコミュニケーションは、アジア太平洋(APAC)、ヨーロッパ、北アメリカ、ラテンアメリカ(LATAM)、および中東とアフリカ(MEA)で研究されています。

市場の主要プレーヤー

このレポートでは、LogMeIn Inc.、Microsoft、Google、Cisco、Orange SA、Verizon、RingCentral、Revation Systems、Masergy Intrado Corporation、Vonage、NTT Communications、Windstreamなどのさまざまな主要企業について説明しています。

このレポートの割引を取得する@https ://qualiketresearch.com/request-sample/Unified-as-a-Service-Market/ask-for-discount

 

私たちに関しては

QualiKet Researchは、市場調査および競争力のあるインテリジェンスの主要なパートナーであり、絶えず変化する市場シナリオ、競争、および顧客に関する実用的な洞察を提供することにより、世界中のリーダーが強力な戦略を開発し、進化を先取りするのを支援します。QualiKet Researchは、タイムリーでスケーラブルなインテリジェンスを提供することにより、より迅速な意思決定の能力を強化することに専念しています。私たちは証拠を思い付く異なるインテリジェンスツールを使用して展示し、当社の顧客は彼らの競争を上回る手助け脅威と機会を。

連絡窓口:

Vishal Thakur

リサーチサポートスペシャリスト

QualiKet Research

6060 N Central Expy #500、TX 75204、USA

メール:sales@qualiketresearch.com

ウェブサイト:https//qualiketresearch.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です