磁気近接センサー市場2025年将来の範囲と技術の進歩By-SickAG、Omron Corporation、Honeywell International

 

磁気近接センサーの画像結果

磁気近接センサーラーには、モーターとアクチュエーターの軌道を作成するモーションプロファイルとターゲット位置が含まれています。モーションコントロールドライブは、モーションコントローラーの構造部分です。これらは主に、電子機器やアセンブリ、ロボット工学、半導体、食品および飲料など、さまざまなエンドユーザー産業のプロセス自動化に使用されます。これらのシステムの処理速度、精度、信頼性の向上により、業界で広く使用されています。

レポートは、 実現技術、主要なトレンド、市場ドライバー、課題、標準化、規制の展望、展開モデル、オペレーターのケーススタディ、機会、将来のロードマップ、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイルを含む、グローバル磁気近接センサーの詳細な評価を提示し ます。戦略。レポートはまた、2020年から2025年までのグローバル磁気近接センサー投資の予測を提示します。

リンクをクリックして、レポートの無料サンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745489/magnetic-proximity-sensor-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?Mode=21

一流のメーカー-

Sick AG、Omron Corporation、Honeywell International Inc.、Rockwell Automation、General Electric、Panasonic Corporation、Eaton Corporation、Pepperl + Fuchs GmbH、Turck Inc、IFM Electronic GmbH

マーケットインサイト

磁気近接センサー市場は、2020年から2025年の予測期間に7%のcagrを登録すると予想されます。自動化の傾向の増加は、予測期間の市場を駆動します。

–産業オートメーションセグメントは、世界中の組織による投資にとって比較的魅力的なスペースであることが明らかになっています。産業用コントローラーメカニズムにおけるロボットへの依存は確立された傾向であり、産業用制御および自動化装置のより広範囲で幅広い採用への道を開いています。
– SICKは、2種類の磁気近接センサーを提供します。1つはメートル法(MM)で、もう1つは長方形(MQ)です。爆発の危険がある地域では、MMセンサーを使用して、遠くからの電磁波を介して物体を検出します。MQセンサーはプラスチック製のハウジングで利点を生み出しますが、これらのセンサーはほこり、熱、または振動の影響を受けないため、過酷な環境で使用するように設計されています。
–政府は、すべてのエンドユーザー業界、特にヘルスケアデバイスでセンサーの安全な使用を実施しています。これには、電気的、化学的、生物学的、および物理的なエンドユーザーの安全を確保するための詳細な規制が必要です。
–非接触センシング技術の需要の増加は、航空宇宙および防衛、自動車などのさまざまなアプリケーションで使用されるため、近い将来、近接磁気センサー市場を牽引するでしょう。
–ただし、この市場の主な課題は、センシングテクノロジーの制限です。これは、センシングテクノロジーが高価であり、読み取り値を分析するための専門家が必要であり、理解が非常に複雑な場合があるためです。

主要な市場動向

市場の需要を促進するための自動車への応用

–自動車の製造に関しては、位置センサー、磁気センサー、レベルセンサー、インダクタンスセンサー、ホールセンサー、デジタルセンサーなど、あらゆる種類の近接センサーがすべてネストされており、磁気近接センサー市場を牽引しています。予測期間中。
–自動車では、磁気近接センサーが電磁ビームを放射して、フィールドの変化を探します。彼らは長い耐用年数を持っています。それらは良好な感度範囲を持ち、磁石の組み合わせがトリガーすることができます。また、高い安定性、信頼性、一貫性も備えています。お客様は、シェルの色、コンセントの方向、ワイヤ、端子台などをカスタマイズできます。
–モーターは自動車に使用されているため、これらのモーターは永久磁石でできているため、大出力、小型、軽量、高効率が得られます。磁気近接センサーは、これらの機能のいずれかがインラインでない場合、その性能とあらゆる種類の欠陥を検出するために使用されます。
–小型商用車の需要の高まりにより、メーカーは乗客の快適性と自動制御をより重視するようになりました。このように、近接磁気センサーは、現代の自動車インフラストラクチャーの不可欠な部分になっています。プレミアム車とユーティリティは、軽自動車の販売を牽引し続けており、予測期間中の磁気近接センサー市場の需要の増加に累積的に貢献しています。

割引のお問い合わせ:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745489/magnetic-proximity-sensor-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?Mode=21

北米が大きな市場シェアを占める

–北米では、政府が自動車の乗客の安全のためのイニシアチブを取っています。磁気近接センサーにより、自動車の不可欠な部分になりました。これは、予測期間に近接磁石センサー市場を推進します。車両には、危険が発生した場合に熱や速度などの対策を講じることができるさまざまな種類の検知装置が装備されています。
–多くの産業用アプリケーションでは、磁気近接センサーが非接触電流検知、線形および角度位置、回転検知に使用されています。Crocusの磁気近接センサーは、あらゆる種類のアプリケーションに優れたパフォーマンスを提供します。
– Crocusの磁気近接センサーの製品は、さまざまなレベルの大きさを感知し、低電力を消費し、Mhz範囲の高温および高周波で動作でき、信頼できる結果が得られる独自のMLU特許技術に基づいています。
–さらに、ファクトリーオートメーションはこの地域で大幅な成長を遂げています。これらのセンサーは、より高速で効率的な生産ライン、および高精度、再現性、より正確な安全スイッチと近接検出の検知に使用されます。

競争力のある風景
– 2019年5月–パナソニックは、金属センシングアプリケーション向けの幅広い誘導近接センサーの提供を開始しました。パナソニックのセパレートアンプタイプは、高速動作に対応できます。GX-F / Hシリーズの一部であるGX-F12A-Pの長方形の耐油性誘導型近接センサーは、業界で同じレベルの長方形の誘導型近接センサーの中で最も長い安定した検出範囲を持っていると同社は述べています。 。センサーは設置が簡単で、さまざまな周波数タイプが利用可能です。

レポートで説明されている市場要因は何ですか?

主要な戦略的開発:この調査には、R&D、新製品の発売、M&A、契約、コラボレーション、パートナーシップ、合弁事業、およびグローバルおよび地域規模。

主要な市場機能: レポートでは、収益、価格、容量、稼働率、総生産、生産率、消費、インポート/エクスポート、供給/需要、コスト、市場シェア、CAGR、粗利益などの主要な市場機能を評価しました。 。さらに、この調査は、主要な市場のダイナミクスとその最新の傾向、および関連する市場セグメントとサブセグメントの包括的な調査を提供します。

分析ツール: グローバル磁気近接センサー市場レポートには、多数の分析ツールを使用して、主要な業界プレーヤーとその市場における範囲の正確に調査および評価されたデータが含まれています。ポーターのファイブフォース分析、実現可能性調査、投資収益率分析などの分析ツールを使用して、市場で活動している主要企業の成長を分析しました。 

この調査には、2014年から2020年までの履歴データと、2025年までの予測が含まれているため、レポートは、業界の幹部、マーケティング、販売および製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探しているその他の人々にとって貴重なリソースになります。表とグラフ。

メディアお問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– MarketInsightsレポート

電話番号:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です