バルク音響波センサー市場2025年将来の範囲と技術の進歩By-PanasonicCorp。、TDK Epcos

世界のバルク音波センサー市場この市場調査は、予測期間中に市場の見通しに影響を与えると予想される最も重要な傾向の分析を提供します。調査では、新たなトレンドを、市場に大きな影響を与え、その成長または衰退に寄与する可能性のある主要な要因として分類しています。

トップメーカーによる市場競争。各メーカーの生産、価格、収益(価値)、市場シェア。以下を含むトッププレーヤー-

Panasonic Corp.、Murata Manufacturing Co. Ltd、TDK Epcos – TDK Corporation、CTS Corporation、Teledyne Microwave Solutions、CeramTec、Raltron Electronics Corporation、API Technologies Corp.、Qorvo、Taiyo Yuden、Broadcom Inc.

市場概況-

バルク音響波センサー市場は2019年に5億1360万米ドルと評価され、2020年から2025年の予測期間にわたって、12.09%のCAGRで2025年までに1億1879万米ドルに達すると予想されています。ワイヤレス技術の採用の成長傾向は、予測期間にBAWセンサー市場を推進すると予想されます。

–世界中で4G LTEとワイヤレスネットワークがブームになっているため、大量のワイヤレストラフィックを処理するには新しい波のスペクトルが必要です。3Gネットワ​​ークは5バンドを使用し、LTEはすでに20を超える4G LTEバンドを使用しており、近い将来5Gが探索される予定であるため、40を超えるバンドが使用されます。
–さらに、Qorvoは、より多くのフィルターを必要とする次世代のハイエンドモバイル製品や高度なレーダーおよび通信システム向けの高度なフィルタリングソリューションで、BAWテクノロジーに真剣に取り組んでいます。これらのBAWセンサーは、世界中で最も困難な干渉と共存の課題を解決できます。また、オペレーターやメーカーは、古いフィルタリングテクノロジーでは失われる可能性のあるスペクトルを利用することで、より高速でより広い帯域幅を提供できます。
– BAWセンサーは一般に、より高い周波数レベルでより低い挿入損失で優れた性能を発揮します。それらは温度変化にあまり敏感ではありません。したがって、BAWによって処理される周波数範囲は、非常に困難なアプリケーションに最適です。
– LTEなどの高度なワイヤレステクノロジーに対する需要の高まりにより、タブレットやスマートフォンでは新しいRF機能の適用が義務付けられています。また、BAWセンサーの製造コストが低いため、予測期間中にBAW市場の推進力として機能することができます。
–したがって、予測期間中のスマートフォンやタブレットなどのスマートガジェットの出荷の増加は、LTEネットワークの急増により、BAWフィルターの大きな需要を生み出すと予想されます。
–さらに、BAWセンサーはフォームファクターが小さく、パフォーマンスが向上します。これは、今後数年間で採用される主な原因になると予想されます。

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745549/bulk-acoustic-wave-sensors-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=21

レポートの範囲

バルク音波センサー市場の範囲には、ガス、泡、検出器などの火災検出器と抑制装置を備えたタイプの安全システムが含まれます。化学および石油化学、石油およびガス、製薬、航空宇宙、防衛などのさまざまな業界で防火設備を実装することに政府機関がますます焦点を当てているため、調査対象の市場は成長しています。

地域/国別の市場セグメント、このレポートは
北米(米国、カナダ、メキシコ)
グローバル(ドイツ、英国、フランス、その他のグローバル)
アジア太平洋(中国、インド、日本、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ

主要な市場動向

電気通信業界は最も速い成長率を持っています

– BAWセンサーは現在、市場で雪だるま式に増えており、防衛および産業市場から消費者向けワイヤレスアプリケーションに移行しています。これらのBAWセンサーは、500 MHz未満、経済的範囲、またはセンサーが1.5GHzを超える使用用に製造されています。1.9GHz以上。
– BAWセンサーは、弾性表面波センサーと競合するようになります。スマートフォン、タブレット、その他の電子通信デバイスなどのインターネット互換デバイスの使用が増加しているため、BAWセンサーの統合が進んでいます。
– BAWセンサーの最も高い普及率は、電気通信セクターで目撃されています。コストは既存のテクノロジーと競争するために削減されたため、予測期間中に市場を牽引すると予想される世界的な月間データトラフィックが高くなっています。

で独占割引を取得-

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01091745549/bulk-acoustic-wave-sensors-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?source=MW&Mode=21

市場で支配的なアジア太平洋地域

–アジア太平洋地域では、モバイルサブスクリプションの数が世界で最も多くなっています。サブスクリプション数は約42億で、サブスクリプション総数の53%近くを占めています。
–自動車用途では、米国、中国、韓国、日本、インドなどの先進国および発展途上国で、予測期間中に大幅な成長が見込まれます。北米は、アジア太平洋地域にさまざまな主要プレーヤーが存在するため、この地域に続きました。
–ヨーロッパとラテンアメリカは、さまざまな分野からの高度な技術に対する需要の高まりにより、BAWセンサー市場に潜在的な成長機会を提供し、それによって地域の市場を牽引します。

最近の更新-

– 2018年7月– Scott Vasquezは、Microwave Journalを使用してQorvoの新しい5Gワイヤレスインフラストラクチャソリューションを導入し、世界をつなぐ5Gに移行し、最大5WのRF平均入力電力を処理できる最小のバルク音響波(BAW)センサーを導入しました。 40W。新しいフィルターは、5G移行用の大規模MIMOテレコムインフラストラクチャの設計に伴う信頼性、アセンブリ、テスト、およびスペースの制約の課題を解決します。

この調査の主なポイントは次のとおりです。-

─バルク音響波センサー市場の概要、タイプ別セグメント(製品カテゴリ)、アプリケーション別、地域別(2020-2025)、メーカー別競争

─バルク音波センサーの世界市場規模(価値)(2020-2025)

─グローバルバルク音響波センサー容量、生産、収益(値)、供給(生産)、消費、輸出、地域別輸入(2020-2025)

─世界のバルク音波センサーの生産、収益(値)、タイプ別の価格動向

─アプリケーション別のグローバルバルク音波センサー市場分析

─グローバルバルク音波センサーメーカーのプロファイル/分析

─バルク音波センサーの製造コスト分析

─産業チェーン、ソーシング戦略、下流のバイヤー

─マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

─市場効果要因分析

─世界のバルク音波センサー市場予測(2020-2025)

─競争環境

─調査結果と結論

最後に、このバルク音波センサーレポートは、今後数年間の市場シナリオとその開発見通しをカバーしています。レポートは同様にタイプ分析を管理し、重要なアプリケーションである最近のバルク音波センサー製品開発と対比して、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売)

電話番号:+ 1704 266 3234

暴徒:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です