モノのインターネット(IoT)は、サービスの市場規模、状況、および正確な見通しを2020年から2026年に開発します| Sirius Computer Solutions、Belitsoft、SaM Solutions、ScienceSoft

グローバルモノのインターネット(IoT)開発サービス市場 調査レポートの予測2019-2025:モノのインターネット(IoT)開発サービス市場レポートは、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要と供給のデータ(該当する場合)を提供します。レポートは、プレーヤー、国、製品の種類、および最終産業の観点から、グローバルおよび主要地域の現在の見通しを調査します。レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場の動向、マクロ経済指標、および支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の定性的影響をマップします。

この調査によると、今後5年間で、モノのインターネット(IoT)開発サービス市場は収益の面で21.7%のCAGRを記録し、世界の市場規模は2019年の2億3,840万ドルから、2025年までに5億2,270万ドルに達するでしょう。

グローバルなモノのインターネット(IoT)の主要プレーヤーがサービス市場を開発

Sirius Computer Solutions、Belitsoft、SaM Solutions、ScienceSoft、Toptal、PixelCrayons、R-Style、Domo、Chetu、Digiteum、Integra Sources、Intellectsoft、e-Zest、Elinext、AppIt Ventures、Think Future Technologies、Sara Technologies Inc.

この報告書のPDFサンプルコピーを取得  (最大30%ディスカウントに):

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01201782884/global-internet-of-things-iot-develop-services-market-growth-status-and-outlook-2020-2025/inquiry?Source=XLD&Mode=31

主な傾向:(農業部門での技術の採用):

  • IoTなどの技術を農業に応用することは、市場に最大の影響を与える可能性があります。国連によると、世界の人口は2050年までに96億人に達すると見込まれているため、これだけの人口を養うには、農業業界はIoTを採用する必要があります。
  • IoT技術に基づくスマート農業や精密農業などのフレーミング技術により、農家は廃棄物を削減し、肥料の使用量から生産性を向上させることが期待されています。
  • IoTベースのスマートファーミングでは、センサー(光、湿度、温度、土壌水分など)を使用して作物畑を監視し、灌漑システムを自動化するためのシステムが構築されます。農民はどこからでも畑の状態を監視することができます。IoTベースのスマートファーミングは、従来のアプローチと比較すると非常に効率的です。
  • IoTベースのスマート農業のアプリケーションは、従来の大規模な農業経営を対象とするだけでなく、有機農業など、農業における他の成長傾向または一般的な傾向を高めるためにも使用できます。

製品タイプによるセグメンテーション:

ソフトウェア開発
インフラストラクチャ統合の計画とコンサルティング
その他

アプリケーションによるセグメンテーション:

中小企業
大企業

割引コピー:(最大30%割引)

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01201782884/global-internet-of-things-iot-develop-services-market-growth-status-and-outlook-2020-2025/discount?Source=XLD&Mode=31

グローバルなモノのインターネット(IoT)開発サービス市場:競争力のある競争:

企業プロファイルの章では、グローバルなモノのインターネット(IoT)開発サービス市場で活動しているさまざまな企業を調査します。これらの企業の財務見通し、研究開発の状況、および今後数年間の拡大戦略を評価します。アナリストはまた、過去数年間にモノのインターネット(IoT)開発サービス市場の参加者が競合他社に先んじるために取った戦略的イニシアチブの詳細なリストを提供しています。

地域別の市場セグメント、地域分析は2019-2025をカバーしています:

北米(米国、カナダ、メキシコ)
ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)
アジア太平洋(中国、JaInternet Of Things(IoT)開発サービス、韓国、インド、東南アジア)
南米(ブラジル、アルゼンチン) 、コロンビアなど)
中東およびアフリカ(パナマ、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)

レポートの完全なコピー:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/01201782884/global-internet-of-things-iot-develop-services-market-growth-status-and-outlook-2020-2025?Source=xld&Mode=31 

レポートのハイライト

  • 製品、アプリケーション、および地域セグメントに基づく包括的な価格分析
  • 世界のモノのインターネット(IoT)開発サービス市場における競争のレベルを理解するのに役立つベンダーランドスケープと大手企業の詳細な評価
  • 世界のモノのインターネット(IoT)開発サービス市場の規制および投資シナリオに関する深い洞察
  • 市場の影響要因の分析と、グローバルなモノのインターネット(IoT)開発サービス市場の予測と見通しに対するそれらの影響
  • 世界のモノのインターネット(IoT)開発サービス市場で利用可能な成長機会のロードマップと主要な要因の特定
  • 世界のモノのインターネット(IoT)開発サービス市場のさまざまな傾向を徹底的に分析し、市場の発展を特定するのに役立てます

また、特定のクライアント要件に基づいてレポートをカスタマイズすることもできます。

1-選択した5か国の無料の国レベル分析。
2-任意の5つの主要な市場プレーヤーの無料の競合分析。
3-他のデータポイントをカバーするために40時間のアナリストを解放します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(営業部長)– Market Insightsレポート
電話:+ 1704 266 3234 | + 91-750-707-8687
sales@marketinsightsreports.com | irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です