2020年:ティッシュシーラント市場の包括的な洞察と詳細な分析2025年

世界の組織シーラント市場この市場調査は、予測期間中に市場の見通しに影響を与えると予想される最も重要な傾向の分析を提供します。調査では、新たなトレンドを、市場に大きな影響を与え、その成長または衰退に寄与する可能性のある主要な要因として分類しています。

スポーツ傷害や事故による整形外科手術や心血管疾患の有病率が高いことによる心臓手術などの外科手術の数の急増は、世界の組織シーラント市場の成長を後押ししています。

OECDの統計によると、カナダでは、2013年に実施された手術の数は378,448であり、2017年には396,218に増加しました。フランスでは、2014年に実施された手術は773,308であり、2017年までに863,837に増加しました。スペイン、イタリア、オランダなどでも、行われる手術の数が増加しているのを目撃しています。さらに、組織シーラント、組織シーラントの利点と用途に関する認識の高まり、新しい組織シーラントの開発への研究開発投資の増加も、世界の組織シーラント市場の成長を推進しています。それらは、最小限の失血、より良い閉鎖、および除去する必要のない簡単で痛みの少ない操作などの利点を提供します。しかしながら、

購入前にサンプルコピーを利用する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061950476/tissue-sealants-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/inquiry?source=MW&Mode=21

トップメーカーによる市場競争。各メーカーの生産、価格、収益(価値)、市場シェア。以下を含むトッププレーヤー-

Avin Darou、Adhesys Medical GmbH、Becton、Dickinson and Company、Baxter International Inc.、Cohera Medical、CryoLife、CSL Behring、Johnson and Johnson(Ethicon Inc。)、Integra LifeSciences Corporation、Tissuemed Ltd

フィブリンシーラントが世界の組織シーラント市場を支配

フィブリンシーラントは、創傷部位でのトロンビンとフィブリノーゲンの反応によって血液凝固カスケードの最終段階を再構築し、出血を止める架橋フィブリン血餅を生成します。これらの製品は一般に、標準的な外科的手法による出血の制御が効果的でないか実用的でない場合、止血の補助として示されます。選択的または緊急の整形外科手術では、通常、骨と軟組織の両方が損傷または切断されるため、出血を真剣に検討する必要があります。そのため、適応した止血手段を使用する必要があります。

フィブリンシーラントは、標準的な止血方法と比較して、人工膝関節全置換術(TKA)での出血を減らすことが知られており、TKA病変の止血を確立するために使用できます。 EVICEL(ジョンソン・エンド・ジョンソンの会社であるOmrix Biopharmaceuticals、Ltd。)、およびRAPLIXA(ProFibrix、BV。[The Medicines Company])。フィブリンシーラントの適用に関連する利点は、患者の転帰の改善、合併症の無視可能性、および予測期間中のフィブリンシーラントセグメントの成長を推進するための死亡率の低下です。

地域/国別の市場セグメント、このレポートは
北米(米国、カナダ、メキシコ)
グローバル(ドイツ、英国、フランス、その他のグローバル)
アジア太平洋(中国、インド、日本、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ

競争力のある風景

ティッシュシーラント市場は、市場シェアを拡大​​するために競争しているほとんどのプレーヤーと競争しています。激しい競争、急速な技術の進歩は、市場が直面する重要な要因です。市場の主な進展は次のとおりです。2018年11月、メドトロニックはブリンシーラントを使用したVerisetパッチを発売しました。2018年9月、Ethicon US、LLC。はEVICELフィブリンシーラントを発売し、2018年10月、バクスターは、外科医が止血の補助として使用するために信頼する臨床的安全性と効率性を備えたブリンシーラントであるTISSEELを発売しました。

で独占割引を取得-

https://www.marketinsightsreports.com/reports/04061950476/tissue-sealants-market-growth-trends-and-forecast-2020-2025/discount?source=MW&Mode=21

この調査の主なポイントは次のとおりです。-

─ティッシュシーラント市場の概要、タイプ別セグメント(製品カテゴリ)、アプリケーション別、地域別(2020-2025)、メーカー別競争

─ティッシュシーラントの世界市場規模(価値)(2020-2025)

─世界のティッシュシーラントの容量、生産、収益(値)、供給(生産)、消費、輸出、地域別の輸入(2020-2025)

─世界のティッシュシーラントの生産、収益(値)、種類別の価格動向

─アプリケーション別の世界的な組織シーラント市場分析

─グローバルティッシュシーラントメーカーのプロファイル/分析

─ティッシュシーラントの製造原価分析

─産業チェーン、ソーシング戦略、下流のバイヤー

─マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー

─市場効果要因分析

─世界のティッシュシーラント市場予測(2020-2025)

─競争環境

─調査結果と結論

最後に、このティッシュシーラントレポートは、今後数年間の市場シナリオとその開発見通しをカバーしています。レポートは同様にタイプ分析を管理し、重要なアプリケーションである最近のティッシュシーラント製品開発と対比して、潜在的なグローバル市場の概要を示します。

お問い合わせ:

Irfan Tamboli(販売)

電話番号:+ 1704 266 3234

暴徒:+ 91-750-707-8687

sales@marketinsightsreports.com

irfan@marketinsightsreports.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です