オートバイ市場2020年COVID-19業界の影響2026年までの主要プレーヤー、トレンド、販売、供給、需要、分析、サイズ、セグメンテーションおよび予測

概要:
WiseGuyReportsでは、「オートバイ市場の今後のトレンド、成長ドライバー、課題を発見する」というタイトルの新しい市場調査が取り上げられています。
前書き
オートバイ市場2020
オートバイは、ムーブメントに動力を供給する内燃エンジンを搭載した二輪車として設計されています。モーターサイクルの製造工程では、強力なメタリックフレームとファイバーフレームが使用されています。エコロジーを意識し、燃料費を節約したい多くの人々がこれを選択しているので、電動バイクもトレンドになっています。世界のオートバイ市場は、今後数年間で顕著な成長を記録する強い牽引力を獲得しています。
市場は主に、レーシング業界へのオートバイの包含の増加、手頃な価格、中産階級の人々の増加、高級製品としてのオートバイの進化、低コストのメンテナンス、寿命などの要因によって推進されています。しかし、世界の二輪車市場は、乗馬に伴うリスクに悩まされることもあります。軽微な事故は致命的となる可能性があり、世界の二輪車市場に悪影響を及ぼしています。

https://www.wiseguyreports.com/sample-request/4206954-global-motorcycle-market-2019-2026 で無料サンプルレポートを入手する
特別な要件がある場合はお知らせください。必要に応じてレポートを提供します。

世界のオートバイ市場の主要プレーヤー=>
• BMW
•バジャジオート
•Ducati Motor Holding S.p.A
•Harley-Davidson、Inc.
•ヤマハ発動機株式会社
•TVS Motor Company Ltd.
•KTM AG
•ピアジオ&Cスパ
•Hero MotoCorp Ltd.、
•ホンダモーター株式会社
•川崎

オートバイ市場-セグメント分析
製品の種類によって、グローバルバイク市場は、ギア付き車両と非ギア付き車両に分かれています。この部門では、ギア付き車両が主導権を握っています。ほとんどの消費者は、主に燃料効率と狭いスペースでの簡単な操作性のためにそれらを使用することを好みます。ギア付き車両は、さらに標準のバイク、クルーザー、スポーツバイクなどに細分化されています。ただし、2019年の第1四半期には、主要市場であるインドと中国で同様の減少が見られたため、バイク市場がヒットしました。技術によって、グローバルバイク市場は、可燃性エンジンで動作する電気および非電気/モーターサイクルに分割されます。非電動二輪車は大きな市場シェアを持っていますが、世界全体が再生不可能な資源の使用量を削減し、排出。電動バイクは、主に2つのバッテリータイプ(密閉型鉛酸(SLA)バッテリーとリチウムイオン(Li-Ion)バッテリー)で構成されています。 SLAバッテリーで構成される電気自動車は安価なため市場を支配しましたが、最近の傾向は、リチウムイオンバッテリーが高密度であるため、最終的には予測期間に支配的になる価格の着実な下落を示していることを示しています、および高い駆動範囲。アプリケーションによって、グローバルバイク市場は輸送用のオートバイとレース用のオートバイに分割されます。輸送用二輪車がこの分野をリードしています。 150cc〜200ccの範囲の自転車で毎日の通勤に十分であることを考えると、レーシングバイクの需要は特にニッチであると考えることができるため、輸送セグメントがここをリードしています。
調査の目的は、近年のさまざまなセグメントや国をまたぐグローバルバイク市場の規模を厳密に定義し、市場の評価を予測することです。レポートは、あらゆる地域および国の業界の定量的側面と定性的側面の両方を統合するように設計されています。さらに、レポートはまた、成長ドライバーや市場の課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。これに加えて、レポートでは、利害関係者が投資するマイクロ市場での利用可能な潜在的な機会についても言及しています。最後に、現在の競争状況、さまざまな技術動向、市場関係者が立ち上げた最新の製品、買収やコラボレーションなどの開発などについて説明します。市場のさまざまなプレーヤーのプロファイルをリストします。これには、リーダーと新興プレーヤーの両方が含まれます。

グローバルなオートバイ市場は、製品の種類、技術、および用途に基づいて分割できます。レポートは、同じ市場に関する詳細な調査を展開することにより、将来の評価の強力な基盤を提供します。
タイプに基づいて、世界のオートバイ市場は、ギア付き車両と非ギア付き車両に分割できます。どちらのタイプも市場で非常に人気があります。同じものに対する市場の需要を実証するために、いくつかの形式も利用できます。
この技術に基づいて、世界のオートバイ市場は電気自動車と非電気自動車に分けられます。非電気セグメントは、その動力源として燃料を使用しています。市場の最近の変化は、世界の電動バイクセグメントを後押ししています。
アプリケーションに基づいて、グローバルなオートバイ市場は、輸送用のオートバイとレース用のオートバイに分割できます。輸送用二輪車は、かなりの市場がありますが、スポーツ業界でのレーシングが盛んになり、レーシング用二輪車の称賛が急速に高まっています。

地域分析:
北米、ヨーロッパ、アジアパシフィック(APAC)、南アメリカ、中東&アフリカ(MEA)は、世界のオートバイ市場レポートを読む際に考慮できる5つの地域です。このようなセグメンテーションにより、成長ポケットが明らかになるため、グローバル市場をよりよく理解できます。
北米は市場に大きな影響を与えています。これは、レーシングマシンとしてのオートバイの人気によるものです。インフラストラクチャは非常に堅牢であり、高い投資能力が市場に強力な後押しを与えています。いくつかの企業がこの地域外に拠点を置いています。ヨーロッパにも地域市場をサポートする同様の機能があります。さらに、これらの地域はどちらも研究開発施設に強い投資をしています。
APAC市場は非常に大きく、多くの国が輸送用モーターサイクルの販売が好調です。

業界ニュース:
2019年8月、Bajaj AutoとKTMは、世界の電動自転車市場に参入するためにハイエンドの電動バイクに取り組んでいることを宣言しました。

@購入前の質問 https://www.wiseguyreports.com/enquiry/4206954-global-motorcycle-market-2019-2026

世界の二輪車市場の主なポイント
•グローバルモーターサイクル市場の方法論と範囲
•世界のオートバイ市場–市場の定義と概要
•世界のオートバイ市場–概要
•世界のオートバイ市場–市場のダイナミクス
•世界のオートバイ市場–業界分析
•世界のオートバイ市場–技術別
•世界のオートバイ市場–アプリケーション別
•世界のオートバイ市場–地域別
•グローバル市場–競争環境
•会社プロファイル
•オートバイ市場–プレミアムインサイト
•世界のオートバイ市場– DataM

私たちに関しては:
Wise Guy ReportsはWise Guy Research Consultants Pvtの一部です。 Ltd.は、世界中の業界や政府向けに、プレミアムプログレッシブ統計調査、市場調査レポート、分析および予測データを提供しています。
お問い合わせ:
ノラトレント
sales@wiseguyreports.com
Ph:+ 1-646-845-9349(米国)
Ph:+44 208 133 9349(イギリス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です