おすすめの歯の磨き方

おすすめの歯の磨き方

おすすめの歯の磨き方

もう3年くらい同じ方法で歯を磨いている。以前は1日に1回歯を磨くくらいだったが、歯が割れるほどの虫歯になって以来、歯磨きに気を使っている。

 

歯は一度失うともう再生しない、取り戻すことができない大切なもの。

 

欧米の人たちは30代とか40代からインプラントにしてしまう人もいるらしい。アジアの治療費や手術費の安い国で。

 

全部の歯をインプラントにすると不自然なくらいに白くは並びもよくなる。

 

やっぱり歯がきれいかどうかはかなり美容に影響するので重要なポイントである。

 

でもだからといってよいことばかりでもない。噛み合わせとか治療の精度によっては歯や顎が痛くなりとても苦しいらしい。

 

そのような欧米人を何人かみてきた。

 

私はもともと歯医者には1年に1回くらいお世話になっていたが、このままではどんどん歯を失うことになるため、大切にしたいと思っている。

 

歯がなくなってもインプラントにすれば良いとは思っていない。

 

だから1日1回歯を磨くだけでは足りないと感じているのだ。

 

私が行っている方法は食後に毎回歯を磨くことである。

 

まあこれは歯を大切にしたいなら最初にできる簡単でとても有効な方法である。

 

仕事に行くときも歯ブラシを忘れないように気をつけるならちゃんと1日3回磨くことができる。

 

去年からは電動歯ブラシを試している。ドラッグストアで1500円くらいだった気がするが、ヘッド部分が振動するのだが、普通の歯ブラシと同様に手動で歯を磨く必要がある。

 

どうやら電動歯ブラシにもいろいろあるらしい。

 

今度は手動で磨かなくても磨いてくれる高性能の電動歯ブラシがほしいところである。

 

高いものは1万円以上するようだが、虫歯を予防できるなら大きな出費ともいえないだろう。歯医者に行くお金を考えるなら。

 

歯磨き粉はとくにこだわりはなく安いものを使っている。だが、いずれは少し高い歯磨き粉も試してみたいところである。

 

薬局には数千円する歯磨き粉もある。歯に沈着してしまった黄ばみとかを落としてくれるものもあるが効果はいかほどなのか。

 

歯医者で行うホワイトニングほどの効果は無いにせよ、ある程度白くなるのだろうか。

 

ただそのようなものは歯を研磨するような気がして知覚過敏とかにならないか心配です。

 

でも私は数年ごとに前歯などに入れた埋め物が黄ばんでくるのでそれを予防するために使ってみたい。

 

まあ歯医者にいけばすぐにきれいにしてくれるわけですが。

 

とりわけ寝る前にはしっかりと歯をみがきたいものだ。なんでも虫歯菌が活発なのは寝ているときだと聞いたことがある。

 

昼寝とか一時的に睡眠する場合も歯を磨きたい。お昼ごはんを食べた後はかなり眠気に襲われるけれどちゃんと歯を磨いてから寝たい。

 

とにかく歯ブラシで毎食後に歯を磨くことはとても大切です。

 

でも歯ブラシだけでは取れない食べかすもたくさんあるのです。

 

その一つが歯の間に詰まった食べかすです。

 

歯ブラシだとどうしても歯の表面は磨けても歯と歯の間は磨きにくいのです。

 

でも実際食べかすが詰まりやすいのって歯の間なんだよね。

 

私は歯の間がかなり狭いので極細のブラシでも奥まで入らないのかもしれない。

 

以前虫歯になった場所も歯と歯が接しているところでそこに食べかすが貯まって虫歯になり穴が開いてしまった。。

 

目には見えない場所だったから痛むまで気がつかない。

 

じゃあ歯の間もしっかりごみを除去するためにはどうすればよいのだろうか。

 

ずばり、それは、デンタルフロスを使うことなのである。

 

★おすすめ育毛剤★

 

低価格、全額返金保障あり、医薬部外品育毛剤、成長因子配合で死角なしの育毛剤ルプルプは初めて薄毛対策や予防をされる方だけでなく、これまで他の育毛剤を使ったことがある方にもおすすめです。

 

宝グループの企業と共同開発した安心の育毛剤です。

デンタルフロス

糸ようじでも良い。コストパフォーマンスを考えると糸ようじって高いんですよね。でもとても使いやすいのですが。

 

以前は糸ようじを使ったことがあったのですが、毎日毎食使うとなると長期的には結構な出費になるので、糸ようじよりは安いデンタルフロスを使い始めました。

 

初めてデンタルフロスを使ったときは不便だなと思いました。特に奥歯を清掃するとき、糸ようじは片手だけで奥歯を磨けましたが、フロスは基本両手を使うために奥歯に入れるのが簡単ではありません。

 

唇に引っかかったりして痛いんですよね。

 

あと最初はデンタルフロスの長さがどのくらいにしたらいいのかにも戸惑いました。

 

やっぱり節約したいじゃないですか。だから最小限の長さにしたいわけですよ。でも短すぎると使えなかったり使えても力が入りにくかったりして使い物にならないのね。

 

だから短すぎると全く無駄になってしまって、それやるぐらいだったら余裕をもって長さをとった方が得じゃんみたいな展開になります。

 

自分は歯の間がきつく簡単に入らないところもあるので、まあ特に奥歯なのですが結構トルクをかけないと入らないんです。

 

でトルクをかけるには指に1巻きだとどうしてもだめだったりします。力入れると解けちゃうんだわ。

 

だから両方の指に3回転ずつ巻きたいの。

 

3回転巻いてあるとかなり力を入れてもほどけないね。

 

でこの3回転くらい巻ける長さってどのくらいかなんだけど、最初はわからなくてよく失敗してた。長すぎたり短すぎたりしてね。

 

でもも3年くらいやってるからさすがになれましたけどね。長すぎもせず短すぎもしない、ちょうどいい長さに切れるようになりました。

 

デンタルフロスは薬局にいけばあるんだけど、値段によって質も違うんだよね。

 

ただ最近は100均でも割とクオリティが高いデンタルフロスが売っていることを知って、それを使っています。

 

ちゃんと何ヶ月も持つし節約になっていいですね。

 

歯医者さんにいわせるとフロスは一回下まで入れたら上に上げずそのまま方指の糸を解いてするするーっと歯の間を抜けていくのがいいそうです。

 

なんか上にあげようとしたり上下に運動させたりして念入りにやろうとすると詰め物とかに引っかかってそれらが外れてしまう要因になりかねないのだとか。

 

私は歯の間から抜くのは気持ちが悪いので上に上げてはずしています。いちいちまた指に巻くの面倒くさいし。

 

でも歯の間がきついのでいろんなものに引っかかったり、入ったはいいものの上に抜けなくなったりもするのね。

 

そのとき結構怖いんだよね、詰め物が外れたらどうしようって。
だから上から抜くときは気をつけています。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ